同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : 應援團
'13春の展望「應援團」

Power of performance !!

 

 

昨年は関西選手権、ジャパンカップ、全日本選手権、全ての応援部門で優勝を果たした同志社ANGELS。現在は部員25名で活動し、4月に入ってからも硬式野球部、アメリカンフットボール部、ラクロス部などさまざまな試合の応援を行っている。

 

昨年の大会では新しく誕生した応援部門にエントリーし、2012年はまさしく「挑戦」の年であったというANGELS。部門が応援部門と競技部門に分かれることで競い合うライバル校が減り、モチベーションが下がってしまうのではないかという不安もあった。しかし、自分たちの本来の目的である「応援」という部門で見事優勝を果たし、その結果は彼女たちの自信へとつなげた。

 

今年の同志社チアリーディング部のスローガンは「Power of performance」。観客だけでなく、選手をも引き付けるような活き活きとした応援を続けていくことが目標だ。「チアが行ったからには絶対に試合で勝てるような、そういった力になれる存在でありたい」(今村部長・スポ4)。試合で選手たちが勝てるように、観客がより一層盛り上がるように、そんな願いを込めて彼女たちはいつもパフォーマンスを行っている。5月後半には硬式野球部の同立戦が行われ、もちろん彼女たちも應援團として足を運ぶ。年々観客数が減ってきている同立戦だが、今季もわかさスタジアムに彼女たちの熱い声援が響き渡るだろう。

 

 


ライバル立命館PeeWeeS!に劣らない元気あるANGELSの応援

 

 

また、「応援」だけでなく、「競技」としてのチアの目標は全大会での2連覇。「同志社らしさを残しつつ、2連覇を成し遂げて総合順位も上げていきたい」(今村部長)。

 

 

5月12日に行われる同立戦前夜祭では、新入部員も加わりさらにパワーアップした同志社ANGELSが見れる。今年も彼女たちの笑顔あふれる応援で、多くの部活が勝利へと導かれること間違いなし!(榎本香里)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について