同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : ラグビー部
'13春の展望「ラグビー部」

志高錯誤の春を

 

 

山神新監督、秋山新主将(スポ4)、そして多くのルーキーたちを迎え、新たなスタートを切った同志社ラグビー部。昨年、関西6位に沈んだ雪辱に燃える紺グレは、日々秋へ向けて照準を合わせている。

 

 

昨年を振り返って、「勝ちたい、負けて悔しいという気持ちがなによりも大切と再認識した」と山神監督。新監督が目指すものは、宮本前監督が築いた展開ラグビーのブラッシュアップに加え、より勝負にこだわるチーム作り。そのために日々、実戦を意識した練習に取り組んでいる。また、時おりトップリーグで活躍する若手OBをグラウンドに招くことで、選手のモチベーションを刺激。「こういった縦のつながりが同志社の強み」(山神監督)。まさにチーム一丸となり、勝てるチーム作りを追い求める。

 

 

「監督は責任も大きいがそれ以上に楽しみ」と山神監督

 

 

スクラム練習にも熱が入るFW陣

 

また、新主将の秋山は「風通しのよいチーム作り」を目指す。先輩後輩関係なく意見を言い合い、互いに競争できるチームが秋山の理想だ。そして、集団として戦う上で、求められるのは個々のスキル。ワイドなアタックを助長するランと、対面のDFにおいて昨年は課題を残したが、「一対一へのこだわりは去年よりも強くなっている」と秋山主将。心身ともに充実した春にするべく、チーム全体が前を向いて日々練習に取り組んでいる。

 

 

BKは実戦練習で連携、スキルを磨く

 

 

プレーごとの話し合いもかかさない

 

 

今年の春は、帝京、早稲田、筑波といった強豪校の試合が多く組まれている。「この時期から強いチームとやれるのはよいこと。胸を借りるつもりで色々試したい」(山神監督)。勝負にこだわることはもちろん、戦術面や一対一で個々人がどこまでやれるか。トライ&エラーで実りある戦いにしたい。

 


今年のチームスローガンは『志高く』。学年やカテゴリーを度外視し、全員で高みを目指すという意味だ。「やるからには日本一になりたい。そのためには部員全員がラグビーを楽しんで、上を目指さなければならない」(秋山主将)。すべては秋に栄光を味わうために――。挑戦、修正、そして勝利への執念を胸に、秋山組は志高錯誤の春を過ごしている。(佐藤弘毅)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について