同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13ルーキー特集 : テニス部
'13ルーキー特集「テニス部」

期待の新星!

 

この春同志社テニス部に新たな戦力として増尾怜央楠(スポ1)が加わった。インターハイ個人シングルス準優勝、全日本ジュニアベスト4、全国テニス高校ランキング2位など輝かしい成績を残し、周囲からの期待も大きい。

 


テニスを始めたきっかけは小学校3年生のとき姉がテニスをしていていたからだった。最初は遊び程度に始めたテニス。しかし、それまで習っていた水泳を辞め、テニスの道を選んだ。そして、テニスで頭角を現すようになる。インターハイにも出場。順調に決勝まで勝ち進んだ。しかし、奇しくも決勝で敗れてしまい準優勝という結果に終わった。いつもは負けてもすぐに気持ちを切り替えられるという増田だが、インターハイでの決勝はそうはいかなかった。それは決勝後のインタビューなども無視してしまうほどだった。

 

 

ガッツポーズの増尾

 

 

どこからでも攻めに持って行けるプレーが増尾の持ち味だ。特に得意なプレーはネットプレー。しかし、調子が悪い時はミスを重ねてしまい修正できないときがあるという。そのため、今後は「全体的な安定感」が課題だ。

 

 

どんなボールでもチャンスに変える

 

 

「大学の大会で関西は関東に勝てないという流れを崩したい」という大きな目標を掲げる増尾。彼が関西だけでなく全国の舞台で活躍する日を目にするのもそう遠くはないだろう。(櫻井知美)

【'13ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について