同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : ラクロス部
'13秋の展望「ラクロス部女子」

日本一を目指して


昨年は無敗で関西制覇を達成したが、全国選手権では準決勝で惜敗。目標としていた学生日本一には一歩届かず、涙を呑んだ同志社。あれから1年、今年こそ日本一を――。全国への第一歩、関西リーグ戦がついに幕を開ける。


主力選手の多くが卒業したため、新チームはチーム全体の強化を掲げ、総合力向上に取り組んできた。攻撃ではいずれも関西選抜に選ばれている松原主将(スポ4)、山本(社4)、中尾(スポ4)らが中心となって、攻撃面でのテーマである“速さとズレ”を駆使し、得点に絡む事が期待される。また、守備ではDFリーダーである大畠(法4)をはじめ、1対1に定評がある大西(スポ3)らが相手オフェンスに立ち塞がる。



プレリーグ戦で軽快な動きを見せた中尾

 


7月に行われたプレリーグ最終戦では、8月10日の開幕戦の対戦相手である大阪国際大学に16-8で快勝。後半序盤10分で6点を取った様に、リズムに乗ると相手が手を付けられない攻撃力を持つ同志社。しかし、前後半開始直後や相手のタイムアウト後など、流れがなかったり、切られた時間帯の失点が目立った。「課題としている所。リーグ戦に向けて、しんどい時間に自分たちの流れを作れるようにしていきたい」(松原)。ドローをしっかり取って流れをつかみ、序盤から優位に試合を進めたいところだ。



得点をあげて喜ぶメンバー。チームの雰囲気は明るい


今年も目指すものは”学生日本一”。これまでチーム全体で目標を共有し、チーム力の向上を図ってきた。全国に出場するためには今年度も激戦が予想される関西リーグを勝ち抜いていくことが不可欠。プレリーグの勢いそのままに開幕戦を制し大事な一勝をつかみたい。(中園祐介)



☆ラクロス部女子初戦
対大阪国際大学
@宝ヶ池球技場
8月10(土) 12:00 DRAW!!
ぜひ御越し下さい

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について