同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 卓球部
'13秋の展望「卓球部」

 求められる成長。さらなる進化を        

 

 

男女ともに主力選手が卒業し、穴埋めが心配されていた中、今シーズンが開幕。しかし春シーズン、男女の間で明暗ははっきりと分かれた。

 

 

男子は春シーズンをあまりいい結果で終えることは出来なかった。春リーグは8チーム中7位。また、関西学生では藤岡(商3)・松本(商3)組がベスト16に入賞も全日本学生大会への出場権は得ることが出来なかった。そんな中、先日、全日学出場をかけた予選が行われた。ダブルスは藤岡・松本組に加え、今西(スポ2)・明石(文情1)組が全日学出場権を獲得。シングルスでは今西がただ1人出場を決めた。秋リーグの前哨戦として迎えたこの大会、田阪男子監督が挙げていた課題はサーブレシーブ。しかし今大会で全体的な改善は見ることは出来なかった。「今大会で春からの成果が見たかった。ここから秋リーグまでに弱点の改善を行う」(田阪監督)。秋シーズンでの進化に期待がかかる。

 

 

全日学出場を決めた藤岡・松本組

 

 

一方で女子は充実の春シーズンを過ごした。春リーグは全勝優勝を果たし、関西学生ではシングルスで高橋(商2)が準優勝、成本(商1)がベスト8、清水(スポ1)がベスト16に入賞し、全日学出場権を獲得。ダブルスでも高橋・浜畑(商2)組が準優勝、成本・清水組がベスト8に入賞し全日学出場を決めた。そして今回の予選でもシングルスで藤井主将(商4)、久松(心理3)が出場を決め、ダブルスでも久松・佐藤(商3)が出場を決める。春充実の流れをそのままに多くの選手が全日学へと駒を進めた。しかし、油断は出来ない。春リーグこそ全勝優勝したものの、他大学も力をつけてきているのは事実である。「春の混戦を制したことを自信に戦っていく」(久保女子監督)。昨年の秋の優勝を含め、三連覇のかかった秋リーグ。春からの更なる成長がカギとなる。

 

 

エースとして活躍の期待される高橋

 

 

男女ともにここから合宿を迎える。「しんどいことをみんなで。他大学よりも頑張ったっていうことを今までよりさらに取り入れて、自信にしたい」(藤井)。秋リーグまで約2週間。ここからの調整が大事になってくる。そして秋リーグでいい結果を残し、全日学に向け弾みをつけたい。(樋向健太郎)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について