同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 軟式野球部
'13秋の展望「軟式野球部」

西の王座を目指して


全国王座を旗印に臨んだ春季リーグ。最終戦まで関大と王座を争ったものの、あと一歩及ばず、準優勝に終わった。手にすることが叶わなかった全国大会への切符。後輩たちに夢を託し、4年生はユニフォームを脱いだ。それに入れ替わる形で1年生が加入。ニューフェイスを加え、新体制で臨む秋の陣へチームは動き出した。

 


春季リーグが閉幕した後、チームは基礎練習を重点的に行った。その目的は、自力の底上げ。「数に重きを置いた練習で個々のスキルアップを」(豊田主将)。1本でも多くのノックを受け、一球でも多くのフリー打撃をこなす日々が続いた。

 

 

そして夏。毎年恒例の合宿を目前に控え、チームの戦力構想は徐々に固まりつつある。

 

 

先発の一角を担う振角(法2)

 

振角ともに先発として期待される長尾(経3)

 


まずは投手陣。春季リーグで大車輪の活躍を見せたエース中山(政策4)の穴埋めが急務とされる。絶対的エースの後釜として、白羽の矢が立てられたのは長尾と振角の二枚看板だ。春季リーグでは、圧倒的な成績を残した中山の存在、そして自身の調子がいまひとつだったこともあり、あまり登板機会に恵まれなかった2人。だが「直球の制球が増し、変化球は精度に磨きがかかった」と女房役を務める豊田は実力に太鼓判をおす。この両輪に加え、ルーキーの安井(スポ1)がリリーフとして後に控える。

 

 

チームの要を担う豊田主将(経3)

 

攻守の軸として期待される津田(経3)

 


野手陣については「レギュラーはまだほとんど白紙の状態」。鉄壁の守りを誇る神所(商3)が担うショートや、攻守ともに群を抜く外野手の津田(経3)など一部を除き、各ポジションでし烈なレギュラー争いが繰り広げられている。守備位置のコンバートも積極的に行い、チームにとって最良の布陣を探っている最中だ。

 


「関西六大学の王者は同志社だと証明する」(豊田主将)。力強く宣言した主将の言葉からは、確かなプライドと自信が伺えた。煮え湯を飲まされた関大への雪辱、そしてその先にある西日本の舞台――。同志社軟式野球部の秋の陣がもうすぐ幕を開ける。(笹部拓也) 

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について