同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 射撃部
'13秋の展望「射撃部」

目指すはインカレ制覇

 

この春は女子の活躍が光った射撃部。残された大きな大会は秋季関西大会とインカレの二つ。春以上の結果を残すべく、日々練習を重ねている。

 


女子部のエースとして期待される綾戸(商3)

 

 

春シーズン活躍が目立った女子は依然として盤石の態勢だ。綾戸は春季関西大会でまさかの無冠ながらも、西日本大会で二冠、そして選抜大会で50m3×20W種目を制すなど完全復調。秋シーズンもエースとしての活躍が期待される。春季関西大会で二冠を達成した森(スポ3)は、選抜大会でも活躍。全国レベルの大会で初めてファイナルに残り、成長を示した。「夏のあいだに練習して一回りも二回りも大きくなって、秋のシーズンも頑張りたい」(森)。秋季関西大会では春に続く連覇に注目だ。この他、石橋(社4)、森岡(法3)、安井(スポ2)、AP選手の奥田(心理2)と春季関西大会、西日本大会で結果を残した実力者が揃う。この充実した戦力で、春シーズンに続く躍動に期待したい。

 

 

男子部の活躍にも期待がかかる(写真は西内(理工3))

 

 

一方の男子は西内が春季関西大会、西日本大会でファイナル進出した以外は、この春目立った結果を残せていない。岩崎(心理卒)、坂本(経卒)が抜けて以来、団体も組めていないのが現状だ。選抜大会では女子部のサポートに徹し綾戸の全国Vをアシストしたが、綾戸は「サポートは本当にありがたいが、自分たちが戦うのだという意識を強く持って、是非インカレに出てほしい」と語る。この秋は男子部の活躍にも要注目だ。

 

 

唯一の4年生・石橋

 

 

春シーズンは女子団体が春季関西大会、西日本大会を制し、選抜大会でも3位に食い込むなど、チームとしての戦いぶりが光った。秋が終わればそのチームから4年生が抜けることになる。射撃部には4年生は石橋ひとりしかいない。他のメンバーが石橋と共に戦えるのも、あとは秋季関西大会とインカレだけだ。綾戸は「4年間一人で頑張ってきた石橋のためにも、石橋が笑顔で終われる結果にしたい」と語る。そのために求められる結果と言えば、選抜大会で成し得なかった団体での全国制覇。チームが乗っている“今”、それを現実のものにする絶好の機会だ。インカレで団体優勝――。この目標を達成すべく、まずはチーム一丸となって秋季関西大会で結果を残したい。(髙島 祥)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について