同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : ソフトテニス部
'13秋の展望「ソフトテニス部」

総力戦!

 

準決勝で強敵・早稲田に惜敗し、涙を呑んだインカレからおよそ1か月。現役引退した足立(商4)ら4年生の分も悔しさを晴らすべく、新主将の峯松(商3)率いる新たなチームが今秋、始動する。

 

 

新主将の峯松 

 

 

まず初めに挑むは関西リーグ。同志社は3季連続で優勝から遠ざかっている。今年の春には天理大と立命館に敗れ、まさかの3位に沈んだ。新チームとなった今、まずはこれらの相手を倒し雪辱を果たしたいところ。9月20・21日に滋賀県立長浜ドームで行われる秋リーグでV奪還を狙う。

 


そして注目すべきは、同志社は比較的若いチームであること。他校では4年生の有力選手が現役を退くなか、同志社のメンバーはほとんど変わっていない。インカレで活躍を見せた1・2年生は頼もしい存在となっている。これからさらに成長した姿を見せてくれるであろう、無限の可能性を秘めたチームだ。「楽しんでやっていけたら」(玉沢)。プレッシャーに負けないのびのびとした彼らのプレーが見たい。

 

 

チーム全員で戦う

 

 

同志社ソフトテニス部が目指すは、悲願の“全国制覇”。そのためには団体戦に出場する選手だけでなく、応援やサポートの力も必要不可欠となる。「全員で勝つ」(峯松)。頼れる新主将・峯松が思い描くのは、皆が日本一を目指す活気あふれるチーム。この1年間、「総力戦」(峯松)で戦いに臨む。(谷 咲奈惠)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について