同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 陸上ホッケー部
'13秋の展望「陸上ホッケー部女子」

逆襲狙う秋

 

昨年の秋までリーグ戦は5季連続で4位だった同志社陸上ホッケー部女子。今春のリーグ戦、初の表彰台を狙った彼女たちだったが、結果はまさかの7位。王座出場までもを逃す結果となってしまった。それから3か月。幹部交代を行い、新チームが始動。彼女たちは秋に逆襲を起こすべく、調整を続けている。

 

 

新主将に就任した森長(心理3)

 

 

新主将に森長が就任した新チーム。春季リーグ後再びポジションチェンジを行い、「後ろをしっかり作って、ディフェンスからオフェンスへとつなげていけるように」(森長主将)と、ディフェンスの強化を図った。新チーム初の公式戦となった西日本インカレではこのディフェンスが機能。春季リーグは簡単に得点を許してしまうシーンが見受けられたが、今大会で簡単にフィールドゴールを許すことはなかった。局面での細かい声掛けや、攻撃時の守備の態勢の整えなどを徹底し、さらなる強化に期待したい。

 


一方の攻撃面。春季リーグでは得点力不足に悩まされたが、この夏は3列目から2列目、2列目から1列目へとパスでつなぐ、同志社らしい展開ホッケーに磨きをかけてきた。西日本インカレでは相手の厳しいプレスのなか、降幡(同女3)、稲元(同女3)、中嶋(同女2)のパス交換で右サイドを崩していくシーンも見られ、一定の成果は見せた。今後は左サイドへの展開、ゴール前での決定力を上げていくことが求められる。

 

 

カウンターを受けるシーン。攻撃時に守備の態勢を整えることが課題だ

 

話し合う攻撃陣。決定的な仕事ができるか(左から川口(スポ3)、山下(同女4)、中崎(理工2))

 


西日本インカレでは春季リーグで敗れた相手に善戦し、ディフェンス面でもオフェンス面でも成長は見せた。だが、秋季リーグでは1次リーグから強豪・天理大学が参戦。表彰台を目標とする同志社にとって、1敗が命取りになる。故に西日本インカレで敗れた聖泉大や関学など実力で拮抗する相手に、一戦一戦集中して勝ちきることが必要だ。森長主将はこの点について、「1点の重みにこだわれるようにしたい」と語る。課題をシビアに受け止め、ゴールを守ること、点を取ることの両面において1点の重みにこだわり、難敵相手にも勝ちきっていきたい。


 

PCに備える同志社。チャンスを確実にモノにすることが求められる

 

 

新チーム始動時、チーム全員で設定した目標は「秋季リーグ3位」、「インカレベスト8」。だが森長主将は「目標の達成には今のメンバーで出来る最大限の力が必要」と語る。現実的に目標の達成は簡単なことではない。だからこそ、メンバー全員が経験者でなく人数も個々の技術も他校に劣る同志社にとって、チーム力の底上げは必要不可欠。ホッケー面においても内面においても互いに信頼し、抜群のチームワークに磨きをかけていきたいところだ。きたる秋シーズン。逆襲を誓う彼女たちは、まずインカレの出場権を得るべく、9月14日からはじまるBインカレに臨む。(髙島 祥)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について