同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 日本拳法部
'13秋の展望「日本拳法部」

夏を乗り越えて

 

6月に行われた西日本学生拳法個人選手権大会では段外の部で松本匡(文3)、初段の部で辻(経4)がともに準優勝した。そして女子の部からは昨年の同大会で優勝した松岡(商3)が3位に終わった。男子が健闘し、女子の不振が目立った西日本個人選手権大会。中でも昨年まで絶対的な強さを誇っていた女子の不振は今後の同志社日本拳法部の大きな分岐点となったはずだ。

 

 

昨年、大会史上初の表彰台独占から一転、女子は最高位3位に終わった。

 

周囲の予想を予想を覆し、二人の準優勝者を出した男子の部。

 

 

全体的に昨年よりも戦力は落ちたことは否めない。しかし今夏、個人のレベルアップ、そしてチーム力の底上げを日々行っている。「一戦一戦着実にやれば結果はついてくる」。敗戦後そう語ってくれた松岡は来る9月15日に行われる総合個人選手権大会では結果を残してくれるだろう。準優勝した松本匡、辻の2人にも期待がかかる。また、西日本学生拳法個人選手権大会を欠場した松本直(スポ4)にはより一層の注目が集まるだろう。

 

 

段外の部で見事、準優勝を果たした松本匡。次大会でも期待がかかる。

 

 

万全の体制で挑む総合個人選手権大会。この夏の練習の成果が試される。今秋も同志社日本拳法部から目が離せない。(今西佑典)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について