同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : フェンシング部
'13秋の展望「フェンシング部」

抜群の剣さばきとフットワークで打倒関東!

 

関西リーグでは総合3位、王座でも関東に屈するなど不本意な結果となった同志社フェンシングの春。しかし、個人では関西予選を勝ち抜き6名が全日本選手権に出場。宇山(4)が優勝という快挙を成し遂げたことはまだ記憶に新しく、確実にレベルは上がっていることがうかがえる。その個人の力とチーム力が試されるのが10月に行われる関カレ、11月に行われるインカレだ。

 

 

夏休み中は足腰の強化のために、ランやフットワークを重点的に取り入れるなど〝動き続けるフェンシング〟を目指す同志社。またファイティングやレッスンも欠かさず他大学の選手と練習することで試合への意識を高める。

 

 

関カレでは「フルーレ、エペで団体優勝」(若松主将・商4)と掲げる目標も明確だ。フルーレ団体では若松主将(4)をはじめ竹内(3)、西村(2)の活躍がカギ。「つなぐのではなく、自分が(点を)とることを意識したい」(竹内)と団体戦に向けての意気込みは充分。西村も「関カレ優勝(個人戦)は絶対。自分自身の気持ちでどこまでいけるかやってみたい」と春の大会で経験した雪辱を、関カレ・インカレのピスト上で果たしてくれるだろう。

 

 

フルーレ陣のエース西村

 

全日本選手権での右・若松主将

 

ユニバーシアード代表、そしてジャパンメンバーの宇山

 

 

エペ団体でも宇山を筆頭にリーグ戦、王座に出場した立岡(1)の活躍にも期待がかかる。「しっかり序盤から相手に喰らいつきたい」(立岡)。サーブルでも個人・団体ともに若松主将と岩澤(心理1)に躍動してほしい。

 

 

また女子では唯一王座の舞台に立ったサーブル陣が藤山(商3)を軸に関カレでもしっかり結果を残してくれるだろう。「とにかくいつも通りの試合を」(鳴海・文1、橋本・心理1)。展開が早く相手のペースになると厳しいサーブルにおいて「失点をすくなくしたい」(鳴海)

 

 

海外遠征メンバーにも選ばれている左・橋本

 

 

関西はもちろん、全国の舞台であるインカレで悲願の1勝をあげたい。女子フルーレも藤山(スポ1)・堀(1)・大嶋(1)の3人が個々のフェンシングに磨きをかける。「チャレンジャーとしてのぞみ、全員で朝日大を倒して優勝したい」()。エペ陣も全日本出場の河端(文情1)をはじめ「春のリーグでの悔しさを秋にいかしたい」(吉村・社1)とモチベーションは高い。

 

 

フルーレ・エペでも戦える左・藤山雪

 

 

まずむかえるのは関カレ。朝日大、立命館などライバルとの試合は接戦となるだろう。そして強豪校、ジャパンの選手ひしめくインカレの舞台はなおさら厳しい戦いが予想される。それでも個々の〝らしいフェンシング〟と着実に形を成してきたチーム力で、勝利のガッツポーズをピスト上でみせて欲しい。(只松亮太郎)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について