同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : 陸上ホッケー部
'13秋の展望「陸上ホッケー部男子」

全員ホッケーで1部昇格へのゴールデンロードを駆け抜けろ!

 

春リーグは不甲斐ない結果に終わるも、経験者が他の大学よりも少ないながら西日本インカレでは宿敵・関大との接戦を制し、1部昇格への波に乗りたい陸上ホッケー部男子。

 

 

春リーグを終えて代替わりとなり、新たに主将を務めるのは前山(理工3)だ。「誰がどのポディションでも勝てるように、全員ホッケーで」(前山)4回生はチームに残るものの、実質的に試合を動かしていくのは前山をはじめとする新チームの選手たち。それでも昨年からリーグ戦等の試合を、右サイドから攻撃の起点を作り出す久富(2)や積極的に得点に絡む久松(2)など多くの下回生が経験している。

 

 

FWとして走り続ける山田(社3)の得点にも期待がかかる

 

 

またDFでは福嶋(生命3)や鈴木(4)を中心とした枚数をかけた守備と、守護神・北林(4)がゴールマウスに構える。攻撃でもパスを両サイドに散らす堀場元主将(4)や高橋(生命4)、球際に強い荒木(3)や個人技が光る同志社の得点源の山田のホッケーからも目が離せない。

 

 

2回生ながらサイド攻撃の起点となる久富

 

DFラインで体を張る福嶋

 

リーグ戦、西日本インカレでファインセーブをみせた北林

 

 

しかし、人数が少ないためにほぼ全員が試合に出ることができるため「もっとボールに絡んで、競争意識を高めてほしい」(前山)と、選手たちのレベルアップを意識から変えていきたいと前山は話す。また大きな課題としては、春のリーグや西日本インカレの試合で痛感した競ったゲームや格下相手に勝ち星を落としてしまうという点。先制されてしまうと、そのままずるずると攻め込まれる傾向が目立ち「勝たなければという試合を落としてしまう」(前山)と、主将も不安視する。失点を0に抑えるゲームも少なく、「たくさん点をとれるチームではないので…」(前山)。そのために、サークルインの場面やPC(ペナルティーコーナー)など得点チャンス確実に決めていきたいところだ。

 

 

前山主将のパスワークが同志社の命運を分ける

 

 

2013年秋リーグ、選手たちに立ちはだかるのは大阪大や神戸大等、2部でも実力が均衡しているチーム。厳しい試合も予想されるが「勝つ試合をしっかり勝ち切りたい」(前山)。同志社陸上ホッケー部男子、4年ぶりの1部昇格へ――。勝負の秋はもう始まっている。(只松亮太郎)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について