同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : バドミントン部
'13秋の展望「バドミントン部」

1つでも多くの勝利を!

 

上半期、男女共にリーグ戦や選手権で大健闘した同志社バドミントン部。団体戦では男女共に春季リーグで3位を獲得し、特に女子にとってはこれが歴代最高の順位。強豪ひしめく1部リーグ上位に上り詰めた。また、6月に行われた関西選手権では主将南(社3)が22年ぶりにシングルス優勝を獲得。主将としての意地を見せつけた選手権となった。そして先月行われた西日本選手権大会。団体戦では男女とも昨年より順位を落とした男子3位、女子ベスト8という結果に終わってしまい、悔いが残る団体戦に。しかし、個人戦では南・佐々木(商3)が男子ダブルス3位、岸田(社2)・深川(商2)が女子ダブルス準優勝、近藤(文情3)・宮沢(商3)が女子ダブルス3位を獲得。団体戦で勝敗のカギを握るダブルスで好成績を残した。

 

 


宮沢(奥)は西日本でシングルスとしてもベスト8を獲得。

 

 

この秋、同志社バドミントン部が最初に挑む試合は関西学生秋季リーグ戦大会。春は男女共3位に終わってしまったリーグ戦だったが、男子も女子も優勝できる可能性は十分にある。西日本選手権で惜しくも女子は関学、男子は近大に敗退。ここはぜひとも秋季リーグでリベンジしたいところだ。

 

 

リーグ戦はチームの雰囲気も大切だ

 


9月14日に行われた秋季リーグ第1節では、男女共に5-0で快勝し、好スタートでリーグ戦を切り出したバドミントン部。しかし女子主将の近藤は「試合1つ1つで見るとセット数もリーグ順位の決定に関わってくるから、どの試合も2-0で締めたかった。」と単に勝利を喜ぶのではなく、より高い順位を目指す意識の高いコメントを残した。南も男子団体戦に対して「しっかり初戦で勝ててよかった。チーム一丸となって優勝を目指したい。」とリーグ戦初日から優勝に向けて気合い十分。

 

 

先日の天理大戦でもストレートで勝利を収めた南・佐々木

 

女子は春の歴代最高順位を上回れるかが注目だ

 


目指すは男女共にリーグ優勝。彼らなら必ずできる。男子は春季リーグ、西日本選手権で2回連続近大に敗れており、女子も春季リーグで勝てた関学に西日本では0-3で惜敗。悔いが残った8月の西日本選手権。その悔しさをぶつけるのは今しかない!(榎本香里)

 

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について