同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13秋の展望 : バレーボール部
'13秋の展望「バレーボール部」

逆風を切り裂け!!

 

優勝、そして1部昇格を目標に戦った春季リーグでは、4位に終わった男子部。チームが噛み合えば圧勝、かと思えば噛み合わない試合が続き連敗、というように以前からの課題である好不調の波の激しさが春も顕著に表れた。

 


主将の難波(商4)はこう分析する。「1人1人の気持ちが幼い。調子が悪いときに、自分で考えていくことができない」。課題に挙げられていたブロックにはある程度進境が見え、試合でも勝負所でブロックを決めるシーンは見られた。しかし、レシーブなどつなぎの弱さが露呈し、精神面では先述したようにここ一番の気持ちの弱さが出てしまった。この夏は、練習中からコミュニケーションをとる回数を増やし、チームワークの向上に努めてきたが、その成果が発揮できるか。

 

 

チームを引っ張る難波主将

 

ムードメーカーの高田

 

 

ただ、現状チームに吹いているのは逆風かもしれない。センターの新飼(商4)が左足親指の骨折でリーグ戦前半の出場は絶望的。さらにはエース大保(商2)が右ひじを痛め、副将の乾(理工4)も古傷を再びねん挫し万全ではない。苦しい状況だが、「なんとか新しい風を」(難波)と、ムードメイクできる高田(経3)や、下級生の起用も含め逆風を切り裂いていきたいところだ。

 

 

一方、創部以来の連勝を伸ばし続け4部に昇格した女子部。1セットも落とさずに勝利を積み重ねてきた6部までとは違い、5部ではフルセットにもつれ込む試合もあった。そして迎えた4部。「今までみたいにトントンとはいかない」と、平山主将(社4)は分析する。サーブやレシーブ、そして決定力不足を解消することが、4部を勝ち上がるには必要となるだろう。平山主将も、「自分の形というものをもつべきだが、もててない」と、春からの課題を口にした。また、夏場は強いサーブを打つことにも力を入れ、サーブ力アップによる相乗効果で、サーブカットの技術向上ももくろむ。

 

 

リベロを務める平山主将

 

 

3部昇格へ意気込む女子部だが、こちらも平山の肉離れをはじめけが人が続出。苦しい状況の中ではあるが、逆にチームには競争意識が働き、士気が上がっている。部員も増え、創部して以来初めてベンチ外の選手が出る状況。技術はもちろん、どれだけ声を出せるかなどということも求められ、現状では「いい方向に作用している」(平山主将)ようだ。

 


男女ともに、目標はもちろん優勝、そして昇格。そして、昇格するための力は十分持ち合わせているはずだ。リーグ戦は10月末、入れ替え戦は11月3日に行われる。「最後は笑って終わりたい」(難波)。その言葉通り、1部、3部へそれぞれ飛び立つ権利を手に入れた選手たちの笑顔を見届けたい。(大原和也)

【'13秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について