同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ラグビー"Player of the Match"2013 : ラグビー部
疾走続ける若き紺グレ戦士:FL 末永健雄

リーグ戦も終盤に差し掛かった第6戦の関大戦。前半は実力未知数の相手に苦戦を強いられてしまった紺グレだったが、後半に勝ち越しに成功する。そして20分には相手ゴール前での混戦から関大を一気に突き放すトライ。このトライの瞬間、楕円球を抱えていたのは若干1年生にして紺グレの背番号7を背負うFL末永だった。

 

 

運動量BK並みのスピードを武器に、瞬く間にレギュラーに定着した末永

 


東福岡や筑紫などラグビー強豪校が名を連ねる福岡出身の末永。高校時代はNO8として福岡でも有数の進学校・福岡高校で活躍した。大学に入ってからはポディションをFLにコンバートし、春先から〝走れるFL〟として早くもその頭角を現す。


 

対関大戦では球際に噛み続けトライをマーク

 

 

「走りには自信がる」(末永)。またコンバートしたことによって持ち前の球際の強さが光るようになった。今シーズンの紺グレの代名詞とも言える強靭なスクラムの後押しはもちろん、タテへのパスからアタックに展開する際も前へ前へ出て積極的にボールに絡み続ける。だが、末永自身「まだまだ納得のいってない部分がある」と高校と大学のラグビーの違いに戸惑う点もあるという。それでも「周りの先輩がどんどん行けと言ってくれる」(末永)と臆することなく、屈強な相手にも食らいつき、チャンスがあれば遠慮なくトライを奪取する。

 

 

多くの同期が関東の大学に進学する中、関西の同志社を選んだ末永。大学選手権出場が決まり「関東の大学と試合できるのは楽しみ」と話す。「もっとボールを持って攻守の中でしっかり絡んでいきたい」(末永)。これから幕を開ける全国の舞台でも貪欲な走りとブレイクダウンでの強さを猛者集う関東勢に見せつけて欲しい。そしてまだ1年生の末永。紺グレの未来を担う〝走れるFL〟の成長も楽しみだ。(只松亮太郎)

 

 

 

プロフィール

末永健雄(すえながたけお)

社会学部教育文化学科1年

福岡高校出身

179cm/86kg

     

【ラグビー"Player of the Match"2013バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について