同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
3月のWEB企画 : フェンシング部
2010年展望 「フェンシング部」

第23回

2010年展望「フェンシング部

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

さらに上へ

 

 

昨年、男女ともに団体戦ではで最高で、関西準V・王座3位・インカレベスト8といまひとつ成績が伸び悩んだ同志社フェンシング部。

フェンシングは一対一の個人競技。一人ひとりの能力は非常に優れているが、団体戦ではあまり結果が伸び悩むのには理由がある。

昨年、部を率いた4年生は男子3人、女子0人。さらに3種目(フルーレ、エペ、サーブル)にそれぞれ専門が分かれるため、団体戦(3人)では人数が不足し、専門種目以外にも出場を余儀なくされていた。

 

 

 

男女部員を率いる楳木主将(社4)

 

 

 

今年、フェンシング部を率いるのは楳木主将(社4)。今年の4年は男子は楳木1人、女子は4人の体制で昨年とは逆転するが部としてはほぼ変わらない、厳しい状況が続くことになる。

今年の部の目標は「関西優勝、全国入賞」(楳木主将)。男子にはルーキー宇山(商1)、若松(商1)の新戦力に要注目。女子は昨年4年生がいない状態でチームを気付いた4人がそのまま戦力を欠くことない。また、今年のアジア大会代表に選抜された櫛橋(スポ3)の活躍にも期待がかかる。

 

 

依然、厳しい状況に変わりはないが、”関西に敵なし”といわれた過去の栄光を取り戻すにするためにも、フェンサーたちは毎日汗を流している。

どこまで上へのぼりつめられるのか。今年もフェンシング部から目が離せない。

 

関西リーグ戦は4月にフルーレ、5月サーブル・エペが行われ、6月には全種目王座決定戦が行われる予定だ。

(本紙フェンシング部担当)

 

 

【3月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について