同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウィンタースポーツ特集 2013-2014 : スキー部
ウィンタースポーツ特集 2013-2014 「スキー部」

一年越しの目標達成へ向けて

 

今年もついに幕を開けたスキーシーズン。秋を迎えてからは、雪上のイメージに近い練習を序々に取り入れながら着々と準備を進めてきた。

 


山本主将(商4)率いる同志社スキー部の今年度の目標は、男子インカレ1部昇格、女子はインカレ1部総合3位以内・関西総合優勝だ。昨年、2年ぶりとなる関西総合優勝の栄冠を手にした女子チーム。今年は女子スキーヤーが全員で6名しかいないという厳しい状況ではあるものの、目標はもちろん変わらない。

 

 

昨年、全関西で個人三冠を達成した高木(スポ2)。リレー種目にも熱い思いをかける

 

昨年の全関西においてスプリント男子の部で優勝した松澤(商3)

 


12月に入り、同志社スキーヤーたちは北海道など各地で長期の合宿をスタートさせる。京都を離れ、雪上における本格的な練習がいよいよ始まった。現在、アルペンパートはゲート練習に重点を置いている。ビデオを撮りながら自分の走りを研究しつつ滑ることで、技術の向上を図っているのだ。どうしたら0.1秒でも速く滑れるのか。どんな時も向上心を忘れず、常にレースを念頭に置き練習に励んできた。このような部内の活気ある雰囲気を見て、「今年のチームも期待しておいてほしい」と宇野原監督も笑顔でチームの状況を語る。

 


これから大会の直前までは、本番で最高のパフォーマンスができるように調整を重ねる。体の使い方、タイミングの取り方、板の動かし方など細部までこだわり抜く。女子チームは6名しかおらず高い合計ポイントを取るのは難しいが、「昨年よりも速くなりたいという気持ちが練習でも見られるので、女子連覇はもちろん狙える」(上田・商4)。リレー以外はほぼ個人戦となるスキー。一人一人が勝ちに行く姿勢を忘れずに貪欲に挑む。「自分がやってきたことに自信を持って、スキーを楽しんで試合に臨もう」。上田女子主将のチームメイトへ向けられた言葉通り、スキーを楽しみ勝利を手にする彼らが見たい。(藤井三裕紀)

【ウィンタースポーツ特集 2013-2014バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について