同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : ラグビー部
部員が選ぶ○○な人No.1「ラグビー部」

選手権出場を逃した昨シーズン。しかし今シーズンは関西で準優勝、そして選手権に出場という成長の兆しを見せた。古豪復活の足掛け第一歩となったこのチームの役者三人に迫る。

 

 

タックルのうまさNO.1

攻撃に自信を持つ同志社ラグビー部の中で、タックルから反撃の流れを生み出すことが出来る選手をラグビー班総出で捜査。するとある男が捜査線上に浮かんできた。
「とにかくタックルの回数が凄い。体張ってるなと感じる」(長坂・法3)
「毎試合体を張っている所に凄さを感じる」(江口・法2)
「絶対に倒してくれるという安心感がある」(高倉・経2)
と、部員から厚い信頼を寄せられるのはこの男だ。

 

 

FLとしてタックルでチームを活気づけた柴田(スポ3)

 


タックルNO.1に選ばれたのは柴田。試合中での豊富な運動量、流れを変えるような激しいタックルが評価されての堂々一位。「中学生の時に先生にタックルが上手いと褒めてもらい、そこからタックルを磨いてきた」。彼の心掛ける流れを変えるタックルは今シーズン、チームの大きな力となった。

 

 

票を集めた他の意見
廣瀬(法4)「とにかく強い。体の芯で捉えているイメージ」。
田淵(社3)「強くて豪快」。
木村洋(法3)「どの試合でも体を張ってディフェンス。大体大戦は特に凄かった」。

 

 

パスのうまさNO.1

展開ラグビーを信条とする同志社ラグビーを支える最も重要なテクニック。ボールを素早く外へと回して攻め込む同志社には必要不可欠なスキルだ。そんな中、部員がパスNO.1に選んだのは一体誰なのか……。
「外人じみた正確なパスが投げられる」(柘植・商2)
「正確だし、トリッキーな所が凄い」(朴・法2)
「パスの回転量、リストの力が強い」(江口・法2)

 

 

SOとしてチームの原動力となった渡邉(社2)

 


今シーズンも終盤戦までスタンドオフとしてチームの攻撃の起点となってきた渡邉が一位に選ばれた。ニュージーランド仕込みのテクニックにまわりの部員たちも惚れこんでいるようだ。「(選ばれて)率直に驚いた。パスにはあまり自信がないのでびっくりです」と意外な答えが返ってきたが、「みんなが取りやすいパスを、ということを常に念頭に置いている。選手の前目にパスを投げることでスピード乗った攻撃を作るようにしている」とパスに対する想いは強い。来シーズン注目の選手であること間違いなしだ。

 

 

票を集めた他の意見
長井(理工4)「正確で取りやすい。敵の目を見て投げられる」。
岩村(スポ2)「早くて正確なパスを投げてくれる。距離も長いし、綺麗なパス」。
清鶴(商4)「本当に取りやすいパスを投げてくれる」。
大越(スポ1)「全部受け取る相手の胸元にパスがいくのはすごい」。

 

 

スピードNO.1

ラグビーの花形プレーと言えばランニング。そこで必要不可欠なのがスピードである。ファンや他の部員たちをも魅了するスピードの持ち主はやはりBKから選出されるのだろうか。
「速いっす。ただただ速いっす。気づいたら前からいなくなります」(長坂)
「とにかく速い」。(石神・法2)
「誰も追いつけない」(中尾・社会1)
速い以外の賛辞が出てこない部員大絶賛のこの男とは一体…。

 

 

WTBとして圧倒的なスピードを見せた松井(スポ1)

 

 

一年生ながらダントツの票数を手にしたのは松井。今シーズンもトライを量産し、チームの勝利に貢献してきた。相手ディフェンスをスピードで振り切るその姿に魅せられたファンも多いのではないだろうか。そんな彼は「スピードには自信があるので選ばれて嬉しい。他の部門でも選ばれるように頑張りたい」とお手本のようなコメントをくれる優等生ぶり。「来季は上回生になるので自分から引っ張っていく」と気合いも十分。これからに大きな期待が持てそうだ。

 

 

票を集めた他の意見
宮島(スポ3)「ライン際に強いしスピードもある。一瞬のキレに凄さを感じる」。
廣瀬「トップスピードに入るのが早い」。

 


ここまで今シーズン活躍した役者三人を紹介してきたが、三人ともが来季出場が見込まれる。この三人がチームの主軸となっていくことはまず間違いないだろう。試合観戦される際はぜひぜひ注目して見ていただきたい。そしてここからまた新たな一年生を加え、厚みを増していく同志社ラグビー部。まずは関西制覇。関西の王者として全国の覇権争いへと名乗りを上げたいところだ。(樋向健太郎)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について