同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : ハンドボール部
部員が選ぶ○○な人No.1「ハンドボール部男子」

昨秋のリーグ戦で7位。その後の入れ替え戦で敗れ2部降格となってしまったが、インカレではベスト16という結果を残したハンドボール部。今回は彼らの中から、次の3人の強さに迫った。

 

 

オフェンスNO.1
攻守の切り替えが激しいハンドボール。そのため、今回はある項目で区切るのではなく、スピード、シュートなどすべてを含んだオフェンスでNO.1を決めた。
「覇気を感じる。シュートがすごい」(小林・経2)
「身体能力がずば抜けている」(福積・文情3)
「1年生から主軸で、キャッチ力、ポジショニングにすごさを感じる」(吉川・経済3)

 

 

インカレでゴールを決める赤岩

 


「自分は守備で今年はいきたいと思っていたので意外でした」と最初は戸惑いを隠せなかった赤岩。それでも昨年までの3年間でチームにもたらした攻撃面での貢献は大きかった。ラストイヤーの今年は主将としてチームを引っ張るが、「絶対に1部昇格」と闘志を燃やしている。昨年のようにここ一番で頼りになるのはこの男で間違いない。

 


ディフェンスNo.1
堅守から速攻というチームのスタイルを確立する上でかかせないのが絶対的守備職人。ディフェンス能力が高い選手が多くいる同志社の中でも、この男が選ばれた。
「かけ引きがうまい」(赤岩)
「1対1に強さがある」(福積)
「フットワークがすごい」(小林)

 

 

吉川得意のパスカットは今年も相手に脅威を与える

 

 

部内の誰に聞いても、吉川の名前が上がるほど彼のディフェンス能力は群を抜いている。「間合い、カットには自信がある」。昨年は堅守から速攻がチームのスタイルだったので、吉川のディフェンスが効いた。今年はまだどういうディフェンスをするかは未定だが、それでも彼のディフェンス能力の高さはチーム随一だろう。今年も吉川のカットから、多くの得点シーンが生まれることに期待したい。

 


ムードメーカーNO.1
どの部にも1人は存在するのがムードメーカー。ハンドボール部でもその存在に迫った。
「とにかく元気。チームを引っ張る」(赤岩)
「しっかりキャプテンを支えている」(井上・文情1)
「赤岩と共にチームを盛り上げている」(MG野嵜)

 

 

福積が今年の同志社を盛り上げる

 


「雰囲気が悪い時に、自分のプレーや声でチームを盛り上げることを考えている」。昨年同志社が敗れた多くの試合で、雰囲気が崩れそのまま失点を重ねる場面が多く見られた。今年はそれが改善されるためにも、福積を中心に常に雰囲気の良さが求められる。「1回生が良く声を出すので、自分も負けていられない」。今年は福積を中心とした盛り上げ役にも注目だ!

 


この3つの項目では3回生の名前が多く上がったが、部内からかわいさNO.1で井上を推す声などもあった。今年は2部スタートになるため、勝負を求められる1年になるが、選ばれた3人を中心にチームがまとまればインカレのように強さが出るはずだ。まずは昇格し、そして夏の西カレ、秋のインカレで活躍する姿を見たい。(堀 大輝)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について