同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : トライアスロン部
部員が選ぶ○○な人No.1「トライアスロン部」

昨年は日本一まであと一歩と悔しさの中にも希望を見せたトライアスロン部。トライアスロン選手を表す鉄人という言葉からは無尽蔵の体力を連想させ、理系の部員が多くインテリを匂わせる部でもある。今回はその鉄人軍団の中から「勉強熱心な人」、「体力のある人」そして「面白い人」の3人を調査した。

 


勉強熱心な人No.1
同志社体育会でも有数の理系率を誇るトライアスロン部。文字通り文武両道を実践する彼らの中から選ばれたのはこの人だった。
「目標に決めたことはとことんやる」(北條・理工3)
「全部熱心にやっている」(大倉・スポ1)
「やることはしっかりやる人」(小西・政策3)

 

 


勉強以外のことも真摯に取り組む山本(理工3)

 


見事、勉強熱心な人No.1に選ばれたのは山本。しかし、ただ勉強熱心なだけではなく全てにおいて真面目にこなす姿も部員からは評価されているようである。「行動する前には計画を立てることを怠らなかった。計画的に行動し、目標達成のために自分がしなければならないことをする」と何事にも真摯に取り組んでいる。「人生二度なし」という森信三さんの言葉を信条に「自分の決めたことを突き進んできた」という。競技面では昨年インカレ初出場を果たした山本。今後ますますの活躍に期待だ。

 


体力がある人No.1
試合ではスイム1.5km バイク40km ラン10kmという過酷なレースをこなす鉄人たち。一見、全員が無限の体力を持つようにも思えるがその中でも最強の体力を誇るのは誰なのか?
「(体力は)DUTCのみならず、体育会で1位といっても過言ではないくらいです!」(且田・GR1)
「熱が出ていても練習をするところがすごい」(西内・法1)
「寝てない日でも弱音を一切吐かず、気を抜かずに練習に打ち込む姿は人として尊敬できる」(山本)

 

 


自他ともに認める圧倒的な体力を誇る北條

 


選ばれたのはやはりこの人、北條だった。8割以上の票を集めたが、「正直、満場一致で僕だと思っていた」と全員から投票されなかったことには少し不満をこぼす。北條がここまで自信を持つのには理由がある。そう、北條はコンビニで夜勤を行い、そのまま練習に向かうのである。本人も過酷だと語るのは毎週金曜日から土曜日だ。金曜日の昼過ぎ授業を終えた北條は15時から20時頃まではランとスイムの練習に励む。練習を終えると一旦帰宅し、夕食と入浴を済ませるとすぐさまアルバイト先であるコンビニへ。自宅の滞在時間はわずか1時間半ほどで、その後24時から6時まで働き続ける。これで終わりかと思いきやなんとコンビニから学校へ直行し朝から練習をこなすのだと言う。金曜日の午後から土曜日にかけての睡眠時間は電車内でのみ。確かに体育会でも1番の体力と言っても良いかもしれない。

 


面白い人No.1
日々ストイックに練習に励む彼らにも笑いは必要である。はたしてDUTCに最も笑いをもたらしているのは誰なのか……。
「見た目から。顔が面白い」(能丸・法1)
「天然。フレキャンでも一発芸をした」(西内)
「ガリガリ君みたい。存在が面白い」(平岡主将・スポ3)

 

 


フレッシャーズキャンプで一発芸を披露した大倉(写真提供:トライアスロン部)

 


ルーキーながら選ばれたのはこの男、大倉だ。面白い人No.1の称号を手にし「非常に光栄」と満足げな表情を見せる。昨年の体育会フレッシャーズキャンプでは一発芸を披露し、他の部の1回生でも彼を知る人は少なくないのではないだろうか。だが、天性の面白さと称えられながらも、「あいつは笑われているだけで笑わすことが出来ていない。これからの成長に期待」(北條)と厳しい意見も見られた。部員全員を唸らせる面白さを手に入れることが出来るのか。さらなる高みを目指す大倉から目が離せない。

 


今回の調査で鉄人たちの日常の姿が少し垣間見えた。王座からは2年間遠ざかっており、返り咲きに期待がかかる今シーズン。この個性的なメンバーならやってくれるかもしれない。シーズン初戦は2月2日。川崎でのデュアスロンだ。全国上位を狙う鉄人たちの熱い戦いを見逃すな。(渋谷充彦)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について