同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : カヌー部
部員が選ぶ○○な人No.1「カヌー部」
関西制覇を目標に冬の長距離練習に励んでいるカヌー部。今回は「部員思いな人」、「筋肉がすごい人」、「急成長してる人」の三つのアンケートを行った。


部員思いな人No.1
いつも選手のことを考えて見守る、カヌー部の影の大黒柱、部員思いな人No.1はこの人。
「何人選手が練習に来てるかわからないのにいつも来てくれる」(木島)
「選手がフォームなどを確かめれるようにビデオをとりにきてくれる」(今村)



部員思いな人No.1に輝いた野村(心理3)


主務兼マネジャーを務める野村だ。4時台に家を出て練習場に行ったこともあるくらいだそう。他の部員からは、「無理しすぎるところもあるから心配」と、いうような声も上がる中、当の本人は、「部活楽しいから、朝早いのは平気」と、笑いながら話す。これぞマネジャーの鏡と言ってもいいのではないだろうか。


筋肉がすごい人No.1
カヌー部にはとてつもない筋肉の持ち主がいた。



筋肉がすごい人No.1に選ばれた元起(スポ2)


ご覧いただいてもわかるように、文句なしの肉体の持ち主。高校生のときカヌーをはじめたのがきっかけでトレーニングをはじめたそうだ。20kgの重りをつけて懸垂をしたり、綱に上ったりして、日々努力をしている。元起はがむしゃらに鍛えるばかりでなくスポーツ健康学部で得た知識や筋肉、トレーニングに関する知識も人並み以上という。あまりにもすごすぎて「すごいけどそこまでする?」という部員の声が続出するほどだ。しかし、本人は「まだまだやと思ってます」と、一言。ちなみに元起は艇庫のベランダに屋根をつけたり、お風呂の簀子を作ったりと、カヌー部の大工さん的な役割も果たしている。


急成長している人No.1
目立つわけではなかったとしても努力は人一倍。その努力を確実に成長に変えている男がいた。一年生で唯一のカナディアン漕手はこの人。
「成長が目に見えてわかる!」(野村)
「夜、暗くなっても漕ぎにくる」(林)



急成長している人No.1に選ばれた右・西岡(心理1)


西岡は大学からカヌーをはじめ、少し遅れをとってのスタートであった。苦しい時期もあったが練習を頑張っていると部員は口を揃えた。漕ぎもうまくなっていると絶賛の声もあがった。静かに実行する男、西岡。彼の成長はとどまることを知らない。


以上、1年生から3年生まで一人ずつ選ばれたカヌー部でした。ご協力ありがとうございました。(宮古佳奈)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について