同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : 居合道部
部員が選ぶ○○な人No.1「居合道部」

昨年11月に5年ぶりに全日本団体戦優勝を成し遂げた居合道部。今回は日本の頂点に立った同志社大学居合道部の部員が選ぶ部内のすごい人を紹介する。今回は技のキレ、洗練度について部内No.1を選出してもらった。

 

 

技のキレ、洗練度No.1
森田久未(経3)



「居合道部第52代主将であり、小柄な体格から繰り出されるキレのある技が特徴」(茶山・理工2)。入部当時から居合道未経験にも関わらず、男子部員にも勝る活躍で部員のやる気の源になっていた森田。また、その快活な人柄も多くの部員に慕われている理由だという。稽古の場でも決しておごることなく森田が先頭に立ち、居合道部を全国の頂点へと導いた。

 


「単なる力の強さだけだと男性剣士に負けてしまうので瞬発力を高めるように稽古し、また洗練度については女性剣士ならではのなめらかさや丁寧さを磨くようにしている。家では、筋肉の動きが見えるように薄着で鏡に向かって演武し、正しい姿勢などをチェックしたり、理にかなった動きを研究している」(森田)。

 

 

キレ味鋭い演武を披露する森田

 

 

また今後の意気込みとして、「戦績としては全国連覇が目標。演武を見てくださる人に敵と対峙する際の気迫や、凛とした空気感が伝わる技が抜けるよう、今後も精進する」と語った。

 


マイナースポーツと思われている居合道だが、競技に取り組む彼女たちは日々精進し、互いに技を高め合っている。昨年全国の頂点に立った同志社だが、まだまだこれで終わりではない。全国連覇という更なる高みを見据え、居合道部の挑戦はこれからも続く。(和田雄太)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について