同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : 準硬式野球部
部員が選ぶ○○な人No.1「準硬式野球部」

昨秋は秋季リーグ戦2位に終わった準硬式野球部。今回は「バッティング」、「守備」、「足」の3つの部門において、部内ですごいと思う人を選出してもらった。

 


バッティング部門No.1
内山僚(商3)

 


昨秋の秋季リーグ戦で首位打者に輝いた内山。副将の末澤(スポ3)も「今の同志社で1番頼りになるバッター」と評価するなど、絶大な信頼を得ている。「バッティング部門の代表としてチームメイトから選んでもらえたのはすごく嬉しい。それとともに責任もあることを自覚して、努力を続けたい」(内山)。今後の意気込みとして、「まだまだ自分のバッティングは未熟だと思うので、日々研究し、最高の状態で春リーグを迎えたい」と、更なる成長を誓った。

 

 

持ち前のバッティングセンスでヒットを放つ内山

 

 

守備部門No.1
清瀬良太(政策3)

 


昨秋から従来のセンターだけでなくピッチャーとしてもチームに貢献してきた清瀬。「外野の守備の要。打球の追い方が素晴らしく、肩も強い」(里村・商3)、「判断力が他と全く違う」(佐藤・社2)など周囲からの評価も非常に高い。清瀬は「絶対的自信を持つ守備で選ばれたのは素直に嬉しい」と部員に評価された喜びを語った。今後の意気込みとして、「鉄壁の守備陣こそ理想のチームへの第一歩。今後も守備からチームの勝利に貢献したい」と、熱い思いを語った。

 

 


センターだけでなくピッチャーとしても力投をみせる清瀬

 

 

足部門No.1
森貴弘(商2)

 


昨季の春季リーグ戦では1番打者、秋季リーグ戦では2番打者を務め、同志社の切り込み隊長として活躍を続ける森。「周りをよく見れており、一歩目の判断が素晴らしい」(里村)を含め、ベースランニングなど、走塁技術の高さを評価する声が多い。「部内とはいえ認めてもらえて嬉しい。足は速くない方なので嬉しさと驚きがある。学年の走塁リーダーとして、自分の役割を全うしたい」(森)。今後の意気込みとして、「走塁リーダとしてだけでなく、内野全体やチーム全体をまとめられる器の大きい選手になりたい。先輩との残り少ない時間を楽しみ、必ず全国大会でよい成績を残したい」と、高い志を示した。

 

 

的確な判断で素早く盗塁を決める森

 


約2か月後に迫った春季リーグ戦に向けて、日々練習に励む準硬式野球部。近年は全国の舞台から遠ざかっているが、決して全国大会出場が最終目標ではない。彼らはもっと上のレベルを見据えている。一人ひとりが自分の役割をしっかりと認識し、チーム一丸となって戦う全員野球で、まずは眼前の春季リーグ戦に照準を合わせている。(和田雄太)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について