同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : スキー部
部員が選ぶ○○な人No.1「スキー部」

ついに今年度もスキーシーズンが幕を開けた。11月の中旬から授業期間を返上し、北海道など北へと練習の場を移した彼ら。「技術面や精神面、そして結果を見てもチームとして一つ上のレベルに上がれていると思う」(山本主将・商4)と手ごたえは十分。現在は迫るインカレに向けて、黙々と準備を進める彼らの中から、「練習にストイックな選手」「ムードメーカーを務める選手」「イケメン」の3つの項目でナンバーワンを決めてもらった。

 


ストイックな選手No.1
冬の雪上練習だけでなく、夏場にはローラースキー、水泳や登山などの練習もこなすスキー部。勝負の冬に備え、一年間ストイックに練習に向き合ってきた選手は誰?
「常に考えて練習をしている。自分になにが足りないのか把握して練習しているところがすごい」(高木・スポ2)
「黙々と練習をしている」(杉山・スポ2)
「トレーニングでは常に熱心に走ってるイメージ」(松下・心理2)
ストイックNo.1に選ばれたのはこの方……!

 


ストイックNo.1に選ばれた松澤(商3)

 


昨年の関西インカレにおいて、ランナー種目・スプリント男子の部で優勝をきめた松澤だ。長野出身の彼が競技としてスキーに向き合い始めたのは、小学四年生のとき。「この頃から自主的に練習を行う習慣があった」とストイックな性格は昔からのようだ。「練習はしんどいけれど、勝つためには必要」。これだけ芯の強い彼でも、夏場のトレーニングではモチベーションを上げるのが難しいこともあった。そんな時でも、「成長が実感できるとやっぱり楽しいなと感じる」。どんな時も成長する過程を楽しむこと。これが彼の強さの秘訣なのだろう。

 


ムードメーカーNo.1
スキー部の笑いの中心にはいつもこの方あり。部員たちの元気の源となっている選手は誰?
「面白いことをしてくれてチームを明るくしてくださる」(松下)
「面白さと元気よさで皆を盛り上げて下さる。この方の笑顔が大好き」(高木)
「いつも一人で何か面白いことをしている」(杉山)
ムードメーカーNo.1に選ばれたのはこの方……!

 


ムードメーカーNo.1に選ばれた上田(商4)

 


選ばれたのは、女子主将を務める上田だ。北海道出身の上田は「関西と北海道のノリは全然違った」と、初めの頃は笑いの差に驚いたという。しかし今では面白いキャラクターとして、中心となって明るい雰囲気を作り出している。かなりの適応能力の高さの持ち主だ。そんな彼女には試合の日に心掛けていることがある。滑りだす直前のスタート時に、選手がすぐに集中できるよう必ず声掛けすること。まさにムードメーカーNo.1にふさわしい。強い同志社の鍵を握るのは彼女だ。

 


イケメンNo.1
さてこれまでとは一転、競技とは関係ないがスキー部の誇るイケメンNo.1を調査した。ゲレンデマジックなど無くとも、女子部員から支持を集めるのは誰?
イケメンNo.1には山本と小清水(商3)が選ばれた。

 


イケメンNo.1に選ばれた山本

 


選んだ部員のコメント
「皆をまとめているところが格好いい」(高木)
「さりげない気遣いがイケメン」(杉山)
「スキー部のイケメン!!」(松下)

 


主将としてリーダーシップを発揮する人柄も評価され、山本が堂々の一位に輝いた。イケメンNo.1に選出されたことに対し、「ストイックNo.1に選ばれると思っていたのにな」と首をかしげる。しかし、バレンタインデーにもらったチョコレートの最多数を聞くと「2ケタもらったこともありますね」。ラストイヤーに燃える彼のもとに、今年は一体いくつ届くのか。彼は最後の大会まで皆を男らしくまとめてくれることだろう。

 


イケメンNo.1に選ばれた小清水

 


「第一印象は、格好いい人!」(高木)
「目力!!」(杉山)
「スキー部のイケメン!!」(松下)

 

 

「選ばれると思っていました(笑)」と語るのは、小学生の頃から顔はあまり変わらないという小清水だ。入部して2年目となる高木は入学前、スキー部が毎年発行している『しろくま』に載っている小清水の写真を見て、イケメンだと思ったという。チャームポイントはつまようじも乗るほどの上向きまつ毛。今春もそのきりっとした大きな目で、新入部員をたくさん射止めるかもしれない。

 


種目によって異なるスキー場にこもって練習を行うスキー部。全員揃って練習とはいかなくとも、それぞれが努力をする先にある目的はひとつ。目指すは、男子インカレ1部昇格、女子はインカレ1部総合3位以内・関西総合優勝だ。今冬、雪上で喜びの涙を流す彼らが見たい。(藤井三裕紀)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について