同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
部員が選ぶ○○な人No.1 : 射撃部
部員が選ぶ○○な人No.1「射撃部」

昨年輝かしい結果を残した射撃部。今回彼らの強さの秘密を探るためアンケートに答えてもらい、「練習熱心な人」、「ここ一番での集中力がすごい人」、「ムードメーカーな人」を調査した。1位に選ばれるのは果たして誰なのだろうか?

 

 

練習熱心な人No.1
良い結果を残すのに必要なことと言えば、一ににも二にも練習。自主練習が多い射撃部の中で、最も真面目に練習に取り組んでいる人は一体誰なのだろうか?
「時間になるとすぐに取り掛かる。練習に臨む姿勢が本当に熱心」(桑原・文2)
「この間大掃除の時も銃を持ってきて練習していた。暇があれば撃つぞという意気込みが見られる」(勝田・理工2)
「撃つだけじゃなくて筋トレや走り込みという、みんなが嫌がる練習を率先してやっている」(奥田・心理2)
練習熱心な人No.1にはこの人が選ばれた。

 

 

練習熱心な人No.1に選ばれた森岡(法3)

 

 

練習熱心な人No.1に選ばれたのは森岡だった。選ばれたことを伝えると、「嬉しいです。自分が練習に取り組む姿勢をみんなが見て、練習してくれたらと思ってます」と何とも素晴らしい一言。最近は就活などで射場に来られる日も限られているそうだが、それでも「暇を見つけて家の周りを走ったりしてます」というストイックさを見せているようだ。彼女は大学から射撃を始めたのだが、2年生時にすでにインカレで入賞するほどの腕前に。もちろんそれは彼女のたゆまぬ努力が実を結んだ結果であることは言うまでもないだろう。

 


ここ一番の集中力がすごい人No.1
10m、50m先の標的を撃ちぬく射手たち。その中心を撃ちぬくためにはかなりの集中力を要するのは想像に難くないが、では一体、部内で一番の集中力を持つ人は誰なのだろうか?
「いつもは優しい感じだが、試合直前の集中力はまわりの声が聞こえないほど」(竹下・法1)
「試合で何度も見てきた。どれだけ調子が悪くても本番は必ず決めてくれる」(森下・商2)
「ファイナル前に体調が悪くなっても、一発一発10点台に持っていくのはさすが」(左納・商2)
「インカレのとき顔の真横に取材のテレビカメラが来ていたのに、自分の世界に入っていて全く気にするそぶりを見せていなかった」(森・スポ3)
圧倒的な支持率で1位に選ばれたのはこの人!

 

 

ここ一番の集中力がすごい人No.1に選ばれた綾戸(商3)

 

 

ここ一番の集中力がすごい人No.1には、昨年2度全国の頂点に立った綾戸が選ばれた。アンケートにあったように、試合に臨む際は自分の世界に入り、周りは話しかけられない雰囲気になるそうだ。本人は「言われて初めてそういう雰囲気になっていると気付いた。自分の世界に入ろうと思ってなるのではなく、無意識にそうなるので……」と少し意外そうな表情も見せたが、高い技術に加えこのメンタリティーがあるからこそ、1年に2度も全国Vを成し遂げることが出来たのだろう。

 

 

ムードメーカーな人No.1
普段は静寂の中で行われる射撃ではあるが、各大会のファイナルでは部員が総出でファイナリストの応援を行う。そこで射撃部の中で盛り上げ役を買って出ているのは誰なのかを調査してみた。
「場を和ませることが出来る人」(山口・生命1)
「リアクションが外国人並みにオーバーで、たまにうざがられている」(家高・法1)
「いつでも盛り上げてくれる」(川本・法1)
特に同学年からの票を集め、最もムードメーカーな人に選ばれたのはこの人だった。

 

 

ムードメーカーな人No.1に選ばれた海老名(GR1)

 

 

ムードメーカーな人No.1に選ばれたのは海老名だった。「選ばれたのは嬉しいですけど、意識してやっているわけじゃないので……。とにかくいつもいじられます」と答えた海老名。このインタビュー中にも終始、綾戸にいじられ続け「いつもこんな感じになるんです」と、少ない時間ながらもいじられキャラの片りんを見せつけてくれた。今後もそのキャラクターを活かしての、射撃部の雰囲気作りに期待していきたい。

 

 

快く取材に応じてくれた3人

 

 

昨年インカレで女子団体2位につけた射撃部。全国屈指の強豪校であることに間違いはないが、意外にもセレクションによる入学者は少なく、大学から射撃を始めた人たちも多い。今回選ばれた森岡や海老名も大学から競技を始めた選手の1人だ。そんな彼らでも、経験者とともに良い雰囲気の中で熱心に練習に臨むことが出来る環境にある同志社。このように未経験者と経験者が互いに切磋琢磨しあうことが、何よりの同志社射撃部の強さの秘訣かもしれない。(髙島 祥)

【部員が選ぶ○○な人No.1バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について