同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : スキー部
'14春の展望「スキー部」

2年連続関西制覇を目指して

 

先月、岩手県にて行われた全日本学生スキー選手権。目標としてきた男子1部昇格も叶わず、女子は昨年と同じく総合6位に終わり、全体としては「不完全燃焼なところもある」(上田・商卒)結果となった。しかし、女子1部リレーでは高木(スポ3)、杉山(スポ3)、菅井(商2)の3人組が第3位に入賞するなど全国でも戦えることを証明してみせた。選手たちはインカレという大きな山場を越え、今はリセット期間も兼ねながら、各自練習や調整に励んでいる。

 

 

3月9日から6日間にわたり行われるのは、全関西学生スキー選手権大会。昨年の同大会において、3年ぶりとなる優勝カップを手にした女子チームには、2連覇の期待がかかる。宇野原監督も「期待してくれていい」チームであると自信を持つ。特に熱い視線を集めるのは、昨年個人3種目すべてで関西制覇を達成した高木だ。「今年はリレーも優勝して4冠を取れるようにベストを尽くしたい」と決意を固めている。

 

 

今年は関西4冠を目指している高木

 

 

いよいよ約1週間後から、今シーズン最後の大会週間が始まる。1年間女子主将を務めてきた上田からは「優勝とか連覇とかいろいろ考えてしまうかもしれないが、気負わずのびのびと滑ろう」という言葉が仲間に送られた。自分たちの滑りが出来れば、きっと良い成績が残せるはず。この1年の集大成を見せるときはいまだ。(藤井三裕紀)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について