同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : テニス部
'14春の展望「テニス部」

王座を目指す第一歩

 

昨年15年ぶりに出場した王座で3位となった男子。今年の目標は王座優勝だ。チーム一丸となりあと一歩に迫った頂点を目指す。一方の女子は昨年、2年連続の1部リーグ4位で王座を逃した。今年こそは目標の「王座出場」を果たしたい。更なる高みを目指す者、リベンジを誓う者。同志社テニス部の新たな1年が始まった。

 


男子は冬の間、長距離走やウェイトトレーニングで体力作りに取り組んできた。また、ボール出しなど基礎の練習を行い技術の向上を図る。目標達成のためには「技術、体力などで個人の底上げが必要」(宇治主将・商4)。個人戦でも結果を積み重ね、リーグ戦へと繋げていきたい。チームの主力であった浦上(スポ卒)や西村(商卒)が抜け、今年は新戦力が期待される。昨年のリーグ戦や王座で貢献した石島(商3)、諫山(スポ3)など実力をつけてきた3年生に注目だ。

 

 

ベースラインから打ち込むストロークで相手を攻める。「守りに入るだけでなく、自分から決めるようにしたい」(石島)

 

気迫のこもった諫山のプレーに注目だ

 


女子は実戦さながらの練習試合を多く行い、実力アップを目指している。「各大会で個人がしっかりと戦績を残すことが大切」(竹島主将・理工4)とチームの目標達成のためにも個人戦での結果は重要だ。着実に実力を伸ばしている北川(商3)や玄田(法2)に期待したい。また昨年11月に行われた大会で、多くのダブルスペアがベスト4以上に入った。シングルスだけでなく、ダブルスにも注目だ。

 

 


北川は両手打ち。ベースラインから打ち込むショットは鋭い

 

昨年は1年生ながらリーグ戦で存在感を示した。今年も玄田から目が離せない

 

 

今月4日から始まる関西学生新進テニストーナメントは新体制となって初めて臨む大会。リーグ戦そして王座を見据え、良いシーズンの流れを作れるか。各選手の活躍に期待したい。(菅原実希)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について