同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : 軟式野球部
'14春の展望「軟式野球部」

全国の頂を目指して

 

昨秋の西日本大会で優勝を成し遂げた軟式野球部。最高の形でタスキを受けた冨田主将(経3)が掲げる目標は、もちろん昨年果たせなかった「全国制覇」だ。

 


新体制初の公式戦となる、昨年の新人戦の成績は2位。代替わりしてまもない、発展途上のチームながらも十分に戦えるところを見せた。しかしまた、課題も浮き彫りとなった。「全体的に守備面が甘い」(冨田)。言葉通り、無駄な四死球や守備の乱れが失点に繋がってしまう場面も見られ、守備面の甘さも露呈してしまった。投高打低の傾向がある軟式野球において、投手力、ひいては守備力の弱さはかなりの痛手となりうる。「守備」をチーム全体のテーマに据え、冬練、そして合宿と課題克服に取り組んできた。

 

 

エースとして期待される振角(法3)

 

 

守備面を語るうえで最も重要な投手陣。エースとしてフル回転が期待されるのは振角だ。元々穴の少ないまとまった投手だったが、今春走り込みなどの基礎練習を重点的に敢行。ストレートの球威や変化球の精度など、投手として総合的なレベルアップを遂げた。中でも制球力の成長は目覚ましく「常に有利なカウントで勝負できるようになった」と実戦への手ごたえを口にする。中山(政策卒)、長尾(経4)といった先代のエースたちはほぼすべての試合に先発し、チームに勝利をもたらしてきた。鉄腕の系譜を引き継いだ振角の、大車輪の活躍が見たい。

 

 

今季4番を担う村上(商3)

 


一方の野手陣は昨年からレギュラーの冨田主将、村上、木下(経3)といった面々を中心に粒ぞろい。西日本王者となった昨年と比べても遜色ないメンバーがスタメンに名を連ねる。その中で冨田主将は二人のキーマンを挙げた。

 

 

攻守に活躍が期待される家古谷(商3)

 

 

一人目は「二番・セカンド」を務める家古谷。最大の武器はチーム随一の脚力だ。出塁すれば盗塁で相手バッテリーをかき乱し、グラブを持てば俊足を駆って相手のヒットをもぎ取っていく。また、「なんでもできる」と評される打撃にも注目だ。バント、エンドランといった小技はもちろん、小柄ながらもパンチ力も持ち合わせている。三拍子そろった家古谷の存在が、同志社打線に多彩な攻撃の幅を与える。

 

 

坂(社2)と奥(法2)の新二年生コンビにも注目だ

 

 

二人目は坂。新人戦ではルーキーながらもタイムリーを放ち、下位打線らしからぬ打棒を見せつけた。反面、守備ではやや不安なところもあったが「日に日に伸びてきている」(冨田主将)と改善されつつある。その坂が任されるのは「5番・サード」。冬を経てさらに進化を遂げた期待のホープが、攻守にチームを盛り立てる。

 


ここ2年、同志社は春リーグの開幕戦を落とし、結果として全国の切符をつかめずにいる。それだけに開幕戦の勝敗が今後の戦いに及ぼす影響を十分に理解している。「初戦を取って勝ちグセをつけたい」。待ちに待った球春はすぐそこまで迫っている。(笹部拓也)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について