同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : アーチェリー部
'14春の展望「アーチェリー部女子」

王座奪還へ向けて

 

昨年の王座決定戦では4位と、学生王者の座から遠のいているアーチェリー部女子。今年こそ返り咲きを。彼女たちの思いは強い。

 

 

この一年を引っ張ってきた4回生は王座決定戦後に引退。それからの半年間、新しく女子リーダーに就任した奥本がチームを率いり新体制となって日々練習に励む。変化したことは以前より全員の意見を取り入れ自由に練習にとりくんでいるところ。チームの雰囲気はよく、部内でで試合のメンバー入りなどをめぐって競い合い、切磋琢磨しようという気持ちが高まってきた。アーチェリー部にとって第一の目標である王座優勝にむけて、女子リーダーの奥本は「チーム全体のが力底上げが大事」という。

 

 

力が入った応援で選手のモチベーションを上げる

 


注目選手は森(スポ3)。彼女は昨年数多くの試合に出場し経験を積んできた選手である。「最近はリズムよくうてていないので、リズムよく打てるよう意識したい」と課題をあげる。目標はもちろん「リーグ戦、王座での優勝」と意欲も十分だ。

 

 

活躍が期待される森

 

 

6月に行われる王座決定戦で全国制覇するためには、まずはリーグ戦優勝決定戦でライバル校・近大を倒したい。王座では「4人全員納得して終われるように、また後輩たちにその背中をみて頑張ってほしい」と奥本。この春からは大型ルーキーも加わり期待が高まる。チーム全員で一致団結し、悲願の学生王者の座へ――。昨年の悔し涙を嬉し涙にかえれるまで同志社アーチャーは挑戦を続ける。(田中夕香子)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について