同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : アイスホッケー部
'14春の展望「アイスホッケー部」

宿敵倒し、優勝目指す

 

入部してからの3年間の中で「一番チームが勝とうと思いながらやった年だった」。主将の阿部(商4)は昨シーズンをこう振り返った。昨年チーが掲げた目標は、最大のライバルである関大を倒すこと。関西リーグの優勝常連校である関大に対し、今までは気持ちで負けている部分があった。しかし、昨年1年を通し「打倒関大」を意識したことで、部員全員が上を目指す意識を高めることができた。

 

 

精神面では大きな成長が見られた昨年だったが、同時に課題も見えた。チームとしての戦術を話し合ったりする時間が少なかったため、「チームワークの部分が他校に劣っていた」(阿部)。その課題を克服するため、今シーズンの練習では2つのポイントに力をいれている。とにかく全ての練習において話し合いをし、チームで意識を共有することと、チームプレーの実践的な練習を多く行うことだ。

 

 

プレーの合間に作戦会議を行う部員たち

 

 

この練習が功を奏してか、「昨年以上にチーム全体が高い意識を持てていて、今から春の大会が楽しみ」(阿部)。来月開幕する関西春季リーグ戦での目標は、もちろん優勝。しかし、チームがそれ以上に意識しているのは宿敵・関大を倒すことだ。ここ数年勝てていない関大を倒すことができれば、チームに大きく勢いがつく。宿敵打破に燃える彼らの活躍に期待だ。(松山奈代)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について