同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球“Atom Selection -2014 spring season-” : 硬式野球部
チームの中心としての“自覚”を胸に:柏原史陽、川端晃希

ついに幕を開けた関西学生リーグ。その開幕試合、チームを勝利に導いたのは3年生バッテリーの活躍だった。



開幕投手をつとめたのは柏原(理工3)だ。柏原が開幕投手をつとめるのは昨秋に続き2度目。「今年は投げたいと思ってマウンドに立てた」と、エースとしての自覚を胸に抱いて臨んだ。柏原は序盤から勢いのあるストレートを活かし、次々に打者を打ち取っていく。11回を投げ抜いた柏原は12奪三振を上げて完封。見事なピッチングで開幕戦の勝利を引き寄せた。



直球を軸に完封勝利を上げた柏原



そんな柏原をリードしたのが川端(法3)だ。柏原の直球を活かす配球を組み、ベンチでは「お前だったら抑えられる」と言葉をかけ支えた。だが、ひとたびグラウンドに立つと表情が変わる。思うところに球が来ないと、柏原に駆け寄り厳しく注意する。メリハリで投手を支える女房役だ。川端は打撃でも柏原を援護。10回まで両者無得点で迎えた11回の表。一死2塁の場面で左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、チーム待望の先制点を挙げた。「負けず嫌い」だという川端。昨秋ブレイクしたが「たまたまと言われたくない」。冬場は振りこみを重ね、バッティングの精度を上げた。だが、オープン戦の雲行きは良くなかった。打率は1割を切り、上がらない調子に頭を抱える。しかし川端は、変化よりも「初心に帰る」ことを選んだ。その甲斐あり、今日の試合でも持ち味である鋭いバッティングで3本のヒットを放った。



3安打と大暴れした川端



昨春から正捕手としてチームを支える川端。自身もチームの中心としての自覚と責任を抱いている。「プレッシャーはあるが、それを力にしてやっている」(川端)。柏原もまた、昨年から活躍を見せている選手だ。リーグ開幕前に「僕らがやらないといけない」と話していた二人。その“自覚”が、二人の活躍、そしてチームを勝利へと導く力になるだろう。  (佐々木 彩)



3年生バッテリーのさらなる活躍に期待だ

【硬式野球“Atom Selection -2014 spring season-”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について