同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : アメリカンフットボール部
'14春の展望「アメリカンフットボール部」

1部Aクラス狙うワイルドローバー

  

苦難を乗り越え2年ぶりにDiv.1に復帰した同志社。本来の居場所に舞い戻った新生ワイルドローバーを春のグラウンドに追った。

 

 

1部での逆襲を誓うローバーが掲げたスローガンは『CHANGE』。「主体的に動かないといけない。自分らが変わっていく必要がある」(北村主将・商4)と選手自らが率先して動くチームを目指す。スローガンを『CHANGE』としたのは、フルタイムのコーチが小林HCのみとなり、選手自ら考える必要が増したことも一因だ。「今まではコーチに与えられていたが、これからは動かなければいけない」(北村主将)。今季はキックングの練習を立候補制にするなど、選手の意欲と自主性を重んじるチームとなっている。

 

 

 『CHANGE』のスローガンのもと今季は強豪校に挑む

 

 

「全く違うことをする」(小林HC)とオフェンスは新しいシステムを導入する予定。コーチ陣の刷新と昨季オフェンスが不振だったため一新することに。OLは岩田前主将(文卒)が抜けたのみでスターターの多くが残る。ケガから復帰の増田(文情4)や副将の足立(文情4)が中心だ。今季の相手は強豪校のDLたちだが、安定感のあるユニットで立ち向かいたい。一方バックスは卒業生の穴を埋められるかが課題だ。WRは昨季スターターの榎本(経3)や、ともに昨秋TDをあげた原田(スポ2)・光山(スポ2)といった若い人材に期待。RBはオフェンスリーダーの長野(商4)や松本(政策4)とベテラン勢が健在だが、さらなる新戦力の台頭が待ち望まれる。経験不足を否めないのがQB。酒谷(経3)と途中入部の古角(文情2)ともに実戦経験が少なく、いかに彼らが春シーズンで経験を積み秋につなげるかが今年のオフェンスのカギとなるだろう。

 

 

OLの中心として期待がかかる増田


長野とともにランオフェンスを支えるRB松本

 

 

ディフェンスは小栗コーチが監督兼DCに就任し強化を図る。「今のままのディフェンスは通じない。相手は1部」と話すのは主将の北村。昨秋はディフェンスのビッグプレーから試合を決めるシーンが目立った。2部では圧倒的だった守備陣だが、1部に復帰する今年はさらなるレベルアップが求められる。経験不足が不安材料なのがフロント7。DLは副将の樋口(政策4)がまとめあげるが、経験豊富な選手が樋口と石山(商3)の2人のみという現状。LBは副将兼ディフェンスリーダーの良川(政策4)と松岡(経3)の活躍が今年も期待されるが、2人以外に経験の多い選手はおらず、DLとともに春シーズンで層を厚くしたい。その一方でDBには主力が多く残る。主将の北村をはじめ、鄭(経4)・福澤(商4)と4回生アスリート集団が同志社ディフェンスを支える。府大戦でインターセプトリターンTDを奪った松本(社2)も楽しみな存在だ。

 

 

気迫あふれる表情で練習に取り組むDL樋口

 

主将としてチームを引っ張るDB北村

 

 

「4勝」。これが今年同志社の掲げた目標だ。「日本一と言いたいが段階を踏まなければ」(北村主将)。将来的な日本一のためにも1部定着、そして4強の一角を崩しAクラス入りを狙う。秋に向けて収穫多き春シーズンとするためにも『CHANGE』を実践したい。新生ローバーの春が今、始まる。(渋谷充彦)

 



☆コメント☆
小林健ヘッドコーチ兼オフェンスコーディネーター
久々の1部。1部では体の作りから全部変わってくる。春は体作りがメイン。オフェンスは1部で確実に出るように、また、タイムコントロール出来るようにしたい。ディフェンスはランを止めることからスタート。キッキングでは今まで出てなかった選手も出られるようやる気を見せた者から出す。春の間は個人技が目立つように。個々が伸びてこそ勝てる。ビッグプレーが出来る選手になってほしい。今までやってきたことより個々のスキルがどれだけ上がっているかが重要。1+1=2ではなく、掛け算や1+1=3になるようにしたい。

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について