同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : 陸上競技部
'14春の展望「陸上競技部」

精神力も鍛え挑む春

 

4月11日と12日に、京都学生陸上競技対校選手権大会が行われる。陸上競技部にとって、チームで臨む今シーズン初めての試合だ。

 

 

毎年、どこよりも大きな同志社の声援が選手を後押ししている

 

 

今年も、皆で目標を掲げた。「関西インカレで男子総合6位、女子総合10位」(桐山主将・商4)。各種目において入賞順位までにゴールすると、その順位にしたがって対校得点が加えられていき、その合計点で総合順位が決定される。「昨年は点をとりこぼしてしまう種目が多かった」(桐山)。前年の振り返りから桐山が考えたのは、どうすれば試合で選手が本来の力を十二分に発揮することができるかどうか。この冬、練習前の集合ミーティングでは、部員の精神力を高めるべく意識して声掛けを行ってきた。

 

 

昨年、プレッシャーを乗り越えインカレの決勝レース出場を果たした桐山

 

 

冬場の練習を越え、迎えた3月の合宿。気温が高くなったことや、試合が近づいている高揚感からスピードが出てしまい、この合宿で怪我人が続出してしまった。しかし、今年の関西インカレに出場できるかどうかは、京都学生陸上競技対校選手権大会までの結果にかかっている。怪我人が多いという状況下でも記録会に参加し、それぞれコンディションを序々に高めてきた。

 

 

桐山、濱田(スポ4)が口を揃えて注目選手として名前を挙げるのは、円盤投げの平良(法3)。昨年からのレベルアップが著しく、目標達成に向けキーパーソンとなることが予想されている。また、怪我人がいることは懸念されているものの、リレーメンバーの仕上がりも上々。「(リレー種目が行われる)大会最終日まで盛り上がれるチームになるのでは」(桐山)と今春への期待は膨らむ。

 

 

桐山組も残すところ約1ヶ月となった陸上競技部。「1年1年、納得して終えられるように、1日1日の練習を悔いのないように」(桐山)。桐山ら4年生が日々の練習で見せてきたひたむきさは、努力は実を結ぶことを証明してきた。心身ともに鍛練を重ねた彼らが、自信を持った表情でトラックに立つ姿が見たい。(藤井三裕紀)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について