同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : 少林寺拳法部
'14春の展望「少林寺拳法部」

悲願の関西制覇を狙え!


本当は少し悔しかった」。副将の小峯(商4)はこう漏らした。昨年行われた4年に一度の世界大会。同志社は団体4位という輝かしい成績を残したが、少し心残りがあった。3位とは同点。負けたのは技術点だったのだ。しかし、部員が一丸となって戦った後、観客からは拍手が起こった。そのとき選手らは、今までにない会場との一体感を感じたという。世界大会の他にも、昨年は創部50周年を迎え、記念式典などの大きな行事が目白押しだった。それらを通して、選手らは技術面でも精神面でも大きく成長した。そして迎える今シーズン。今春はなかなか達成できずにいる、関西総合優勝を狙う。


迫力の演武を見せつけた世界大会


関西総合優勝は、引退した先輩達の悲願でもある。同志社は関西学生新人大会は3連覇を成し遂げているのに、関西大会ではずっと2位や3位のあたりをうろついていた。目標達成の鍵を握るのは、運用法の技術力。少林寺の大会では、型の組み合わせを披露する演武の部と、防具をつけて格闘する運用法の部がある。毎回運用法の入賞者が少ない同志社。この面を補強することによって、目標へと大きく近づくはずだ。


防具をつけて行う運用法

目指せ関西制覇!


そして、今年最初の大会が、5月に行われる京都府大会。ここで、全国大会の出場枠を争うことになる。昨年の京都府大会では出場組全組が全国進出を決め、5部門で最優秀、3部門で優秀を獲得した。「全国につながる大事な戦い。全員で全国へ行けるように頑張る」(森井主将・文4)。注目は昨年の関西学生大会にて一般単独有段で最優秀賞を獲得した井上(スポ2)、京都学生大会の組演武で最優秀賞を獲得した奥西(法3)と宮下(政策3)、森井(文4)と野田(スポ3)、川口(心理2)と橋本(法2)など、他にも強力な選手らが顔を揃える。また、1年生の田中(スポ1)にも注目したい。全国高校少林寺での優勝経験を持つ期待のルーキーだ。先輩の後を引き継ぎ、いよいよ彼らの時代が始まる。まずは5月の京都府大会で、同志社の貫禄を見せつけろ!(久保田恵実)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について