同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : 剣道部
'14春の展望「剣道部」

日本一に輝くため

  

今年度、剣道部が掲げる目標は「日本一になること」。

 


代替わりをして主将古田(経4)が感じたことがあるという。それは「選手層が薄い」ということだ。昨年度卒業した先輩方に強い選手が多かったため、その戦力が抜けてしまったのは剣道部にとって大きな打撃であった。そんな逆境にも打ち勝つために古田が心掛けているのは、「練習を厳しくする」こと。部員には一つひとつの練習での意識を高めさせる。これまで通りの練習ではあるものの、試合に置き換え緊張感を持つことで、戦力となる選手が育つと考えた。

 

 

個人戦での古田

 

個人戦に出場した横田(商2)

 

 

一方で女子の目標は団体で「関西V」(下野・商4)。



女子の方でも、男子同様に昨年度の主軸戦力であった卒業生が抜けられたこと穴となっている。生じた穴を埋めるため、チームワークを良いものにし、一人一人がやるべきことを理解していくように心がけている。4月から3人もの新入部員を迎え、さらに1年生から4年生の仲が良くなった。団体戦で結果を残すために、そのチームワークを大切にし、練習に精進している。

 

 


2回戦敗退となるも、粘り強い戦いをみせた稗田(スポ2)

 


4月27日に舞洲アリーナで行われた関西学生剣道個人大会。男子は主将古田を始め、中村(文情4)や勇(政策3)など合計7名が出場。中でも野田(法3)がベスト16入りを果たし、7月に開催される西日本大会へ出場を決めた。



来月福岡市民体育館にで開催される西日本大会。「同志社剣道部は団体戦が得意」そう語るのは主将古田。次の大会では日々の練習成果が結果につながるに違いない。(鈴木芙実)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について