同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : カヌー部
'14春の展望「カヌー部」
<tt>プロ意識を大切に

<tt>昨年のインカレではK-2で全国制覇を果たした同志社大学カヌー部。部員たちはさらに新たな目標を掲げ、冬場の練習を乗り越えてきた。



健闘を誓う左・坂田(商4)と右・後藤(スポ2)


具体的には、試合に向けてのコンディションを整えるための練習、さらには20kmこぎ続ける長距離練習をこなしてきた。就職活動もあり、4回生が練習に来られない中、チームをまとめていたのは木島(法3)だ。



レースを終え笑顔の木島


2月中旬からはスプリントの練習に切り替え、タイムトライアルなどで選手たちのレベルアップをはかった。木島は人一倍練習し、努力を惜しまないと主将の坂田(商4)も太鼓判の選手である。「みんなに慕われる主将になって、全員に日本一を味わわしてあげたい」(坂田)。



チームをまとめる坂田


今季の目標は関西制覇、そして全国制覇。すでに新入生からもセレクションの選手が入部を確定している。ひとりひとりがプロフェッショナルな意識を持って、指揮を高めるというチームづくりが今季のカヌー部の実力へと変えられていくだろう。(宮古佳奈)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について