同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球“Atom Selection -2014 spring season-” : 硬式野球部
ついに放たれた待望の一発:藤田大将

勝ち点を得るため何としても勝利し、3回戦につなげたい同志社。前日に行われた1回戦ではサヨナラ負けを喫し、チームには嫌な空気が流れていた。しかし、藤田(商4)がそんな雰囲気を払拭する豪快な一発を放ってのけた。



3-1で同志社がリードする中、5回裏2死3塁のチャンスで藤田が打席に立つ。2ボール1ストライクと、バッティングカウントとなり、迎えた4球目。「内にくる球を張っていた」との読み通り、内角へ投じられた真っすぐを振りぬいた打球は高々と舞い上がり、見事ライトスタンドに。「三塁ランナーがいたので、ヒットでもいいという気持ちでシャープに打った」ことが、最高の結果につながった。決して大振りはせず、チームの為になんとか1点でも多く点を取ろうという思いがそこには現れている。



5回裏、豪快な一発を放つ藤田


ゆっくりとダイアモンドを一周した



今回のリーグでは、「バッティングの調子自体は悪くない」との言葉どおり、自分のバッティングはできている藤田。しかし、いい当たりが野手の正面にいったり、ファールになったりと、”惜しい打球”が続いていた。現に、このホームランを放った前日の1回戦でも打球が切れてはしまったものの、ライト線へあわやホームランという打球を放っていた。それだけに、彼がバッティングで結果を残してくれることを多くの人が心待ちにしていた。「やっと(スタンドに)入ってくれてよかった」。本人のみならず、選手や声援を送る多くの人にとっても待望のアーチとなった。



自分自身、そしてチーム自体を勢いづけるこの一打。そこには冬場の練習で得たものが大きかった。スイング量を増やすことでバッティングの強化を図ってきた。地道な努力を積み重ねてきた成果が今、結果となって表れたのであろう。今後の試合でも、主軸を担う藤田のバッティングは打線のカギとなる。戦いはまだ終わっていない。同志社の明るい未来のために――。、藤田の一振りがチームを勝利に導く。 (斉藤裕太)



ホームインし、笑顔を見せる藤田(右)と三走・篠川




藤田大将(ふじたひろまさ)商学部4年生 大阪桐蔭高校 中堅手 右投左打

【硬式野球“Atom Selection -2014 spring season-”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について