同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14春の展望 : ボクシング部
'14春の展望「ボクシング部」

5年ぶりの関西制覇へ


昨年、リーグ戦開幕前の評判は決して高くない中で3位という成績を収めた同志社ボクシング部。今年こそ5年ぶりの優勝を叶えるため、確かな手ごたえとともにリーグ戦へ挑む。



昨年のリーグ戦では計算できる選手数が少なく、開幕前に「優勝」を掲げる余裕も持てなかった。しかし、今年のチームはひと味も、ふた味も違う。全日本選手権3位に輝いた宮崎(商3)を筆頭に全国の舞台を経験している選手も多い。新たに入学した1年生も力を備えており、戦力は非常に充実している。「去年と比べれば戦力は断然に上がっている。史上最弱と呼ばれた去年、全員が力を合わせ闘ったことで3位になれた。今年は力のある選手が多いので自信はある」(渡邊主将・商4)、「戦力の薄い中で3位になれたことは自信につながった。頑張れば優勝できると思えた。」(入江副将・社4)戦力が少ない中でも優勝を果たした関大に勝利したことなどが現部員に確かな自信をもたらしている。



チームとしての仕上がり具合に関しても部を率いる指揮官も手応えを口にする。「はっきり言って去年は余裕がなかった。リーグ戦直前は不安がとても大きかった。今年は1年生も戦力として数えれるし、対外スパーもいい。去年から比べると仕上がりも良く非常に楽しみ。」確かな戦力と去年の雰囲気を知る上級生、新たに加わった1年生の力が融合すれば5年ぶりの関西制覇はおのずと近づいてくるはずだ。



同志社ボクシング部には突出した選手が入部してくることは少ない。しかし、全員がリーグ戦に出るチャンスがある環境が選手をより成長させることにつながっている。「一人一人が強くなろうという意識が本当に強い。練習が終わった後に自主練習をしてみんなで高めあえる環境になっている」。昨年のチームが残した財産は計りしれないほど大きく現チームに活かされているだろう。



ボクシングはリング上で戦うのは一人だが、同志社ボクシング部は全部員が闘う仲間を鼓舞し共に闘う。「チームで闘うのが同志社スタイル。チーム力では負けない」(渡邊主将)。リーグ戦初戦、対関学戦を勝利、次戦大商大戦は落としてしまったものの優勝への道は始まったばかりだ。



技術面、精神面ともに昨年の経験を活かし、チーム全体が大きく成長を遂げている同志社ボクシング部。大きく厚みを増した戦力。受け継がれるチームボクシングの伝統。5年ぶりの関西王者へ、同志社ボクシング部は躍動する。(鈴木秀世)

【'14春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について