同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14ルーキー特集 : アーチェリー部
'14ルーキー特集「アーチェリー部女子」

救世主現る!!


昨年の王座決定戦では4位と、学生王者の座から遠のいているアーチェリー部女子。そんな彼女たちに強力な救世主がやってきた。同志社女子高校出身の伊藤佐保梨(スポ1)だ。



彼女がアーチェリーを始めたのは中学生の頃。マイナー競技に挑戦したいと思ったのをきっかけに入部を決めた。高校時代には高校選抜1位、ジュニア選考会1位、山口国体2位など華々しい成績を残す。中でも団体戦には一際強い思い入れがある伊藤。「チームみんなでやれることをやりきった」と、全員で1つの目標に向かうことへの達成感を得た。



初出場にしてチームに貢献した伊藤



彼女が同志社を選んだ理由は「自由な校風だから」。高校でも自由にやらせてもらえたからこそ成績を残せてきたと振り返る。大学でも同じような環境で実力をさらに伸ばしたいと飛躍を誓った。実際に入学前から合宿に参加していた伊藤。「チーム一丸で勝ちに行く感じがよかった」。出場メンバー以外の選手が応援をする、高校ではなかった一体感に胸を高鳴らせた。4月から5月にかけて行われたリーグ戦にも何度も出場し、「初めての近大は覚悟してたが、自分たちがしっかり射てたら勝てない相手ではない」と、スーパールーキ―にふさわしい自信をのぞかせた。



先輩の佐藤(スポ4)と点数報告をする



大学での目標は“リーグ戦、王座での優勝”。チームで戦うことにやりがいを感じるという彼女にとって、ますます力を発揮できる舞台となるだろう。これだけの実力をもってすればチームの柱となることは間違いない。今年こそ学生王者への返り咲きを――。悲願を叶えるカギはこのスーパールーキーが握っている。(田中夕香子)




伊藤佐保梨(いとう さおり)

スポーツ健康科学部

156㎝

出身校:同志社女子高等学校

趣味:アーチェリーの道具のメンテナンス

【'14ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について