同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14ルーキー特集 : 空手道部
'14ルーキー特集「空手道部」

大舞台での活躍を


名門、同志社空手道部に今年も将来を嘱望されるルーキーが入部した。



1人目は、組手での活躍が期待される藤井晟矢(商1)。「前に、前に出ていく。引かない」と自らの組手を評する藤井。4月の行われた関西大会ではさっそく個人で出場したが、不運にも敵の攻撃で眉を切り出血。ドクターストップが下され、大学初の試合出場は不完全燃焼に終わってしまった。



上段蹴りでポイントを奪う藤井



「やりきれてない」。無念を口にした藤井だが、リベンジの機会はすぐにやってきた。5月25日に行われた西日本大会に、男子団体組手の一員として出場した藤井は、強気の組手で敵を圧倒。チームは準々決勝で敗れてしまったものの、確かな一歩を踏み出すことができた。ルーキーながら、「(男子組手の)底上げとなれる、その原動力になれれば」と自信を覗かせる彼のこれからに期待したい。



女子の縄谷弘莉(経1)も楽しみな存在だ。同階級の先輩である大野(スポ4)、東海(スポ2)がそれぞれ優勝、準優勝を飾った関西大会で2人に次ぐ3位と健闘。「自信はなかった」というものの見事な戦いぶりだった。準決勝での東海との対決では、「1年なので、気持ちよく行こう」と臨んだが、先輩の壁は高かった。「やっぱり強い。ちょっとでも近づいていきたい」。小柄な彼女だが、スピードを生かした組手で旋風を巻き起こせるか。



スピード感あふれる組手を見せる縄谷



このほか、層の厚い形では高校時代全国準V経験もある西山走など、将来的に大舞台での活躍が期待される選手が入部した。西日本大会で女子団体組手が創部初優勝を決めるなど、勢いに乗る同志社。色とりどりのフレッシュなルーキーが、その勢いをさらに加速させる。(大原和也)




藤井晟矢(ふじい せいや)

商学部1年

出身校:県立岐阜商業高校



縄谷弘莉(なわたに ひろり)

経済学部1年

出身校:東大阪大学敬愛高校

【'14ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について