同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14ルーキー特集 : 少林寺拳法部
'14ルーキー特集「少林寺拳法部」

再び全国、そして世界へ


この春、少林寺拳法部に大型新人がやってきた。その名も田中翔。インターハイで1位を獲得したことのある実力者だ。182㌢の高身長で迫力があるが、雰囲気や口調はいたって穏やか。こちらの取材に照れながらも丁寧に答えてくれた。



組演武をする田中


彼が少林寺を始めたのは小学3年生の時。「自分泣き虫だったんで、強くなるために親にすすめられて始めたんです」。精神を鍛えるために武道を始めるというのはよく聞く話だ。しかしこの時、彼が将来少林寺で全国制覇を成し遂げると、誰が考えただろうか。中学生の時は一旦塾の都合で少林寺は出来なかったが、高校で再び再開。高校2年時に、全国高等学校少林寺拳法大会の男子自由組演武の部で優勝を成し遂げた。そしてこの春、トップアスリート入試で同志社へ入学。先日行われた京都府大会では6位に入賞するも、「良くないですね、一応全国1位とってるんで」と全国王者のプライドを見せた。そんな彼のモットーは、「自分よりうまい人を見つけて、追いつくこと」。今の彼が目指しているのは副将の小峯(商4)とエース井上(スポ2)。ちょうど先日の京都府大会でも、組演武で最優秀を獲得したのがこのペアだった。全国制覇を成し遂げても、田中は常に上を向いている。「大学でももちろん全国1位をとりたい」。全国、そして世界に向かって彼がどのような成長を見せるのか。田中の今後の活躍に期待大だ。(久保田恵実)

【'14ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について