同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
3月のWEB企画 : 射撃部
2010年展望「射撃部」

第37回

2010展望「射撃部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

「最高の盛り上がりを」

 

「例年にない結果を出し、同志社体育会を盛り上げる」。「創部以来最高の盛り上がりを」。今年度の意気込みを徳田主将(法3)に伺ったところ、そんな答えが返ってきた。80年以上の伝統を持つが、近年は部員不足などから苦しい状況が続く同志社射撃部。彼らの意気込みの理由は何なのか。

 

 

 

同志社がまず挑むのは春季全関西学生ライフル射撃選手権大会(以下春関)。ここでの注目選手としては、岩崎(心1)の名前をあげておかねばならない。昨年の秋季全関西学生ライフル射撃選手権大会で1年生ながらも693.9点(592+101.9)というハイスコアをたたき出し、個人優勝を飾った実力は本物だ。今月宮城県石巻射撃場で行われた全日本選手権大会(10M種目)では、慣れない射撃場ということや大舞台での見えないプレッシャーもあってか、トータル 581点の21位に終わった。しかし、「春の優勝は間違いない」(徳田主将)と周囲からの信頼も厚く、10mS60での個人優勝が十分狙える。また、今季からはSB(スモール・ボア)にも取り組む予定でさらなる団体戦への貢献も見込まれる。また、女子では新1年の石橋(南砺総合高校福野高校)に注目。昨年高校No.1に上り詰めた実力の持ち主で、10mS40Wで上位をうかがう。


 

 

 

この2人を中心に戦いを挑む同志社だが、昨年の全国の舞台での総合団体の成績は、選抜インカレで男子が7位、女子が6位。全日本インカレで男子が8位。男女ともさらなる飛躍を誓うが、女子はケガ人が出るなどの影響で、春関は総合団体に挑めない可能性が高い。新戦力の石橋、内嶋(社1)、浜(スポ1)といったフレッシュなメンバーの爆発力に期待したいところだ。一方、男子は10mS60での種目別団体優勝を狙う。先述の岩崎はもちろんのこと、橋爪(スポ2)も着実に力をつけており、ここで高得点をたたき出し、貯金をつくっておきたい。その分、鍵を握るのはSBの2種目。昨年の選抜インカレの50m3×40で個人5位に入った橋爪が中心となる。一丸となってなんとか昨年の50m3×40団体3位、50mP60団体3位という記録に肩を並べれば先が見えてくるだろう。

 

岩崎(心1)に期待がかかる

 

部員不足や主力のケガ。一見して不安要素が多いように見える。それでも、「春の関西をしのげばかなりいけると思う」(徳田主将)。決して後ろ向きには考えない。チームが最高の状態で挑めば勝てる。そういった自信が今年度の意気込みの理由になっていた。

 

 

目指すは全国の頂点――。まずは5月。春関で立命館、関大の壁を打ち抜く。
(亀岡雅俊)

 


※ 学年は2009年度のもの

【3月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について