同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14ルーキー特集 : ボート部
'14ルーキー特集「ボート部」

大きな夢を胸に


創部120年を超える伝統を持つボート部。今年は多くの新入部員が入部し、例年に増して活気を見せている。そんな中、先日行われた関西選手権でデビューした頼もしいルーキーがいた。


まずは、一般入試で同志社の門をたたいた宮田將平(理工1)。友人からの勧誘をきっかけに高校からボートを始めた彼は「大学に入って、ボート部があったので」と、入部を決意。先日行われた関西選手権では一般男子舵手なしクオドルプルで同志社クルーの一員としてデビューを飾った。しかし、結果は3クルー中3番目。「トラブルも結構あって、そのせいで実力を出し切れなかった」と課題の残るレースとなった。


レースへ向かう(前から佐武 ・阪・宮田・井村)


もう一人は佐竹宏哉(社1)。「大学でもボートを続けたかった」そう話す佐武はボート部があり、なおかつ自分の勉強したい学科がある同志社を選択した。大学でのデビュー戦は宮田と同様、「やり残した。焦ってしまった」と納得のいく結果を出せずに終えてしまう。


レース中のトラブルもあり、ほろ苦いデビュー戦となってしまったが、これもいい経験。「今年一年は怪我のない体づくりをしたい」(佐竹)。ふたりはこれから同志社クルーの一員として戦い抜くため厳しい練習を積んでいく。2人がそろって口にした“関西1位”と“全国レベルで戦う”という大きな夢を叶え、全国に同志社の名を轟かせてくれることを期待したい。(馬場渚子)



宮田將平(みやた しょうへい)
理工学部
165cm /67kg
出身校:清風高校
趣味:少林寺拳法


佐武宏哉(さたけ こうや)
社会学部
182cm/69kg
出身校:田辺高校
趣味:動画編集、写真、ランニング、スポーツ関連

【'14ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について