同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14ルーキー特集 : ラグビー部
'14ルーキー特集「ラグビー部」

関西の力示すため


昨年関西2位と復活の兆しを見せた同志社ラグビー部。今年も紺グレの更なる躍進のため、たくさんのルーキーが集った。その中でも注目の2名を紹介したい。



1人目は昨年度、花園優勝校・東海大仰星高校にて主将を務めた野中翔平(スポ1)だ。FWの三列目を主なポジションとし、運動量豊富な選手として期待がかかる。小学校3年生からラグビーを始めたという野中。中学校から東海大仰星へと進学し、高校1年生からレギュラーの座を勝ち取る。1年生時には全国準優勝。そして自身が主将を務める3年生時には全国制覇を成し遂げる。「優勝が目標ではあったけど、ゴールではなかった。あくまで皆の今後の人生に繋がる通過点として優勝したかった」。自分のチームを作るのではなく、皆のチームを作るということを念頭に、野中はチームを優勝へと導いた。



幼い頃から紺グレのジャージーに袖を通すことに憧れていたという彼。早稲田との定期戦に足を運び、何度も同志社の破れる姿を見てきた。しかし、「同志社を関東の強豪に勝たせたい」。当時は小学生ながらも、彼があえて選んだのは過酷な道だった。「関西のチームが勝てないと思われたくない。同志社の日本一で関西の強さを証明したい」。紺グレの飛躍を誓う彼が、未来の一翼を担うことは間違いないだろう。



東海大仰星の主将として活躍



2人目はラグビー激戦区、福岡県の名門・筑紫高校から入部の山﨑翔太(社1)。高校時代NO8を務めた運動量と鋭いタックルが持ち味のHOだ。今シーズンはA戦にも出場しており、既に活躍を見せはじめている。6月1日に行われた慶應大戦でも、途中出場で厳しい流れを変える好プレーを披露。監督からも「いい活躍をしていた」と高評価だった。「大学からHOに変わったので、これから安定できるようにしていきたい。Aスタメンに食い込めるように努力を怠らずやっていきたい」。春シーズン、メンバー変更の多かったHOというポジションで定着を勝ち取れるのか、注目が集まる。



天理大戦でも存在感をアピール



やっと光をつかみ始めている同志社。今年こそは関西制覇、そして全国制覇を。1年生たちは同志社OBとの練習試合にも勝利し、レベルの高さを感じさせている。古豪の名を捨て、新たなるスタートを切るためには彼らの成長が必要不可欠だ。(樋向健太郎) 




野中翔平(のなか しょうへい)

スポーツ健康科学部

183 cm/95 kg

出身校:東海大仰星高校

趣味:音楽鑑賞



山﨑翔太(やまさき しょうた)

社会学部

172 cm/86 kg

出身校:筑紫高校

趣味:音楽鑑賞

【'14ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について