同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : ラクロス部
'14秋の展望「ラクロス部女子」

信じる気持ちで全国へ

 

「全学(全日本ラクロス大学選手権)決勝進出 ~そしてその先へ」。今年のラクロス部女子が掲げた目標である。昨年はFINAL3の決勝に進出したが、惜敗を喫した。「リーグはあっという間だよ」。昨年の先輩に言われた言葉である。あれから1年。同志社ラクロッサーの目標へと向けた戦いがついに幕をあけた。

 

 

今年のチームは去年のカラーとは異なっている。去年から出場している選手が少ないのだ。スタメンが固定されない分、チャンスは誰にでも転がっている。全員で勝利をつかみとれることが今年の長所である。

 

 

今年の攻撃陣は1on1で粘れる選手が多いのが強み。強豪相手に必要となってくるのは、やはり個の力。相手DF陣を突破し、自ら流れを引き寄せられる選手が揃う。中でも注目は、昨年も試合に出場し、関西選抜に選ばれている小川万裕子(商4)。ATリーダーの井上知子(法4)。攻撃面ではこの2人を中心に、積極的なアタックをしかけていく。また、正確なパスを中央にいれ、そこに合わせてゴールを決めるという攻撃のしかたもあり、多彩な攻撃で相手を翻弄する。

 

 

攻撃陣を引っ張る小川

 

同じくATの中心となる井上

 

 

今年のDF陣は「奪って、つなぐ」をテーマとしておいている。コート全体を全員で守るという意識を徹底しており、たとえ1on1になっても、次につなげられるように心掛けている。「奪う」という言葉通り、受け身になるような守りではなく、攻撃的なDFで、相手にゴールを与えない。

 

 

そのAT陣、DF陣をまとめるのが、主将の中山(スポ4)である。ドローの役目を担う彼女。これをとることで攻撃へつながり、チームにリズムができる。試合においてキーとなる要素のひとつであることは間違いない。

 

 

主将としてチームを牽引する中山

 


現在、すでに関西学生ラクロスリーグ戦ははじまっている。いよいよ開かれた目標への道。まずは関西で結果を出さなければ、目標は閉ざされてしまう。

 


このリーグ戦の前に、2回生がくれた部旗がある。それは、「信」という言葉。自分の力を信じること。全員の力を信じること。個人として、チームとしてやってきたことを信じる。

 


初戦は落としたものの、次戦は勝利。試合ごとにチームの雰囲気は良くなってきている。自身で積み上げてきた自信が勝利への確信へと変わるとき。きっとそのときにいるのは、全国の舞台であろう。(斉藤裕太)

 


チーム一丸となって勝利を目指す

【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について