同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
3月のWEB企画 : 卓球部
2010年展望「女子卓球部」

 

第40回

2010年展望「女子卓球部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

上を目指して

 

昨秋は王者・近大を倒し大金星を挙げた女子・卓球部。だがその後が続かず、春・秋のリーグ戦ともに6位と苦

杯を舐めた。今年のメンバーはその悔しさを知るものが多い。また久保監督が「6人を選ぶのは難しい」というよ

うに全員が高いレベルで切磋琢磨できているのも好材料。そんな中、軸となるのは、昨年も活躍した前田(

商3)、的場(スポ2)そしてエース玉石(商2)の3人だ。「優勝したい」と口をそろえて高い意識を口にする。

学年も上がり、さらなる進化を見せる玉石(商2)

 

リーグ戦は1試合でも落とすと一気に窮地に立たされる厳しい戦いだ。昨年勝利したとはいえ、
王者・近大は依然として脅威となる。また「これで流れが変わる事が何度もある」(久保監督)

というダブルスは対戦相手に関係なく、決して落とせない。その上7日間で7試合という強行

日程も選手達の行く手をはばむ。

エース・玉石とともに勝敗のカギを握る前田(商3)

 

優勝までに立ちふさがるものが多いのは事実だ。しかし近藤主将(社4)は「団体で優勝して、同志社で良
かったと思いながら、卒業したい」と秘めたる思いを語った。昭和57年~60年には関西で無類の強さを誇った

卓球部。その系譜を受け継ぐ精鋭たちが練習の成果を出した時、新たな黄金時代が幕を開ける。

(本紙卓球部担当)

 

【3月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について