同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : 卓球部
'14秋の展望「卓球部」

チーム力で勝利へ!


8月27日から開幕した関西学生卓球秋季リーグ戦。ここまで5試合が終了し、女子は4勝1敗、男子は2勝3敗でリーグ折り返しとなる後半戦に挑んでいる。



高橋の勝利でチームを勢いづかせたい



女子は、リーグ戦4連覇中と関西王者として君臨する。だが優勝を果たした春季リーグを振り返ると1-6で龍谷大に敗れ、関西学生リーグでのチームの連勝記録は25でストップ。「勝って当たり前の状況で精神的に苦しい中優勝したが満足ではなかった」(久松副将・心理4)。また7月に行われたインカレでは、目標のベスト4にあと一歩届かず、2年連続ベスト8と悔しさの残る結果に。しかし、選手たちは前を見据えて動いていた。8月に行われた東海定期では、高橋(商3)が優勝、政本(社1)が3位と結果を残している。また全日学予選では、浜畑(商3)、清水(スポ2)などのレギュラー陣だけでなく、春季リーグで出場機会のなかった野原(社3)が全日学本選への出場権を獲得するなどチームの底上げに成功している。



秋季リーグでの政本の活躍に期待



5連覇がかかる秋季リーグに向けて「受け身にならず自分たちの攻めるプレーをして、一人一人が1点を取りに行く」(久松)とチャレンジャーとして戦う。総合力でリーグ戦5連覇達成に挑む。



最後のリーグ戦に挑む藤岡


一方の男子は、春季リーグでは3勝4敗と負け越し5位に終わった。リーグ戦を振り返ると近大戦や龍谷大戦ともに3-4で敗れ、あと1勝のとこで勝ち切れなかった。「後半に出る場面が多く、負けて悔しい思いをした」(今西・スポ3)。7月のインカレではベスト16入りを果たし、慶応戦ではエース今西が0-2から逆転勝利を見せるなど春季リーグからの成長を見せた。また8月の全日学予選では、シングルスで今西、西田(スポ1)、ダブルスで松本(商4)・藤岡(商4)組、明石(文情2)・三宅晃(社1)組が予選を通過し、「春リーグを終えてからみんな力をつけてくれている」(田坂監督)。



エースとしてチームを引っ張る今西



秋季リーグに向けて「1セット目をキーポイントとして、本気で勝ちに行く」(今西)。最後のリーグ戦に挑む4年生の藤岡は「誰よりも最高の準備をして、自分が勝ってチームを勢いづかせたい。精一杯やることをやって、後輩に最後次につながる何かを残したい」と思いは強い。チームに関西ランカーはいないものの、各々がそれぞれの役割を果たし、チーム力で1戦1戦勝ちに行く。(石見暢浩)


【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について