同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : 射撃部
'14秋の展望「射撃部」

一丸で狙うインカレの頂点


昨年は目覚ましい結果を残した同志社射撃部。しかし今年度、春季シーズンを終えた彼らは、いまだに思うような結果を残せていない。



女子部で春季シーズン結果を残したのは3人。春季関西大会で優勝した安井(スポ3)、西日本大会で優勝した綾戸(商4)、そして選抜大会で準優勝した鵜飼(文情1)だ。特に鵜飼は春季関西大会、西日本大会では伸び悩んだものの、大学初の全国の舞台となる選抜大会で堂々たる結果を残し、ポテンシャルの高さを見せつけた。「インカレでも優勝したい」と語るルーキーの更なる躍進に期待したい。またチームのエースとして期待されている綾戸は、西日本大会の優勝後、ワールドカップも経験。世界のレベルを間近に感じたはずだ。そんな綾戸が、鵜飼とともに口を揃えて目標として語るのは「インカレでの団体優勝」だ。昨年女子団体はセンター数の差で惜しくも2位となっただけに、雪辱を誓う彼女たちの気持ちは強い。今年度はここまで一度も団体でのタイトルを得ていないが、「最終的にインカレで勝てれば良い」(綾戸)と、焦りの色は無い。彼女たちがインカレまでにどこまで力をつけてくるか楽しみだ。



頭角を現してきたルーキー鵜飼



一方の男子部は昨年総合団体も組めない状況だったが、今年度は桑原(文3)らがSBにも参戦するなど、挑戦の年となっている。その中でも春季シーズン活躍が光ったのは盛田(スポ1)だ。春季関西大会ではファイナル進出すらならなかったものの、西日本大会では3位に。それでも「緊張して全然でした」と語るように、彼が持つ本来の力はまだまだ出し尽くせていないはずだ。秋季関西大会ではもちろんのこと、インカレでの入賞も期待したい。また主将の綾戸が「男女ともに総合優勝したい」と語るように、男子も団体での躍進を狙う。ラストイヤーにかける西内(理工4)をはじめ、チーム全員が一丸となって持てる力を出し尽くせるようにしたい。



西日本大会で躍進を遂げたルーキー盛田



この他、春季関西大会ではピストルで男女ともにワンツーフィニッシュを果たし、ライフル以外でも結果を出している。来たる秋シーズン、同志社射撃部は男女、種目関係なく、チームの力で“優勝”だけを狙う。(髙島 祥)



桑原にアドバイスを送る綾戸。男女の垣根を越え、チーム一丸となってインカレ制覇を目指す

【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について