同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : サッカー部
'14秋の展望「サッカー部」

降格争いではなく上位へ


今季2部から1部に2年ぶりに帰って来た同志社。前期開幕戦対大体大では、前年度関西リーグ、インカレ王者相手に堂々たるサッカーで打ち合いを演じ引き分けるも、第2節阪南大に1ー12で大敗するとそこから6連敗。調子を落としたチームは負の迷宮に入りこみ、関西選手権も初戦敗退に終わった。結局前期11試合を消化して、現在2勝1分8敗勝ち点7で最下位に沈む同志社。後期リーグが幕を開けようとしている今、イレブンは降格圏内脱出、そしてリーグ上位進出を狙う。



6月から8月にかけて約2ヶ月リーグ戦が中断されたが、その間チームは「守備力、持久力の向上を目指した」(望月監督)。関東、石川に2度遠征し、全国の強豪校と対戦。多くの試合を重ねることで、実戦経験を積んだ。するとその効果はすぐに表れ始め、中断明けの第10節対立命大では相手のミスなどもありながら攻守で圧倒。2ー0で勝利した。続く前期最終節対大教大では、終盤に2失点し逆転負けを喫するも、ラスト10分まで自分たちのサッカーを貫き相手を苦しめた。



1年生時から左SBのレギュラーとして活躍する平田(スポ3)


ドリブルから中央へのカットインで相手を苦しめるMF鶴崎(スポ2)



現在1部リーグは例年になく混戦模様。インカレ圏内4位京産大から最下位同志社まで勝ち点11以内に9チームがひしめく。最下位ながら同志社にも上位進出の可能性も秘めているが、まずは降格圏脱出を目指したいところ。そんな中注目はSB平田とMF鶴崎の左サイドのコンビ。無尽蔵のスタミナの平田はサイドを何度もアップダウンし、鶴崎は平田を生かしつつもドリブルで相手陣内に切り込む。前期勝利を上げた2試合では、この左サイドから多くの決定機を生み出した。後期もここからチャンスを作れば、勝利に結びつくだろう。他にも怪我のエース白石(理工4)に代わり、ここ2試合先発出場し2得点を決めた岡村(経2)やパサー松井(商2)、身体能力抜群のCB免田(商3)などが名を連ねる。



後ろからチームを盛り立てる免田


中断を明けて絶好調の岡村



一昨年同志社はわずか5勝しかできずに2部降格という悪夢を見た。2度と同じ思いをしたくないが前期同様、同志は上位チームから対戦していく。ここでどれだけ勝ち点をとれるかが勝負になってくる。決して簡単ではない戦いが続くが、1部に生き残るために必要なのは勝ち点3――。勝ち続けることで同志社の未来は見えてくる。(堀 大輝)

【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について