同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : 硬式野球部
'14秋の展望「硬式野球部」
春リーグは勝ち点1で再び5位となってしまった同志社。巻き返しを誓い、激戦の秋季リーグに挑んでいる。


投手陣は大家(法4)、柏原(理工3)の左右のエースに加え、春リーグでケガからの復帰を果たした花田(政策4)が先発に名を連ねる。ストレートとスライダーのコンビネーションで奪三振を量産する大家、MAX149キロの速球で打者を圧倒する柏原、長身から繰り出すフォークと豪快な投球が持ち味の花田。それぞれの武器を持つ3投手が試合を作る。小玉監督が先発陣の課題に挙げる「無駄な四球」を減らせば安定感はさらに増すだろう。リリーフには隠岐(スポ4)、漆原(社2)、北川(政策2)、平尾拓(経1)らベテランから新戦力までそろう。層の厚さは今期も健在だ。



春はリーグトップの奪三振率を記録した大家



不調が続く柏原。今季こそ完全復活を期待したい



対関学2回戦では6回までノーヒットの好投を見せた花田


一方の打線は春は決定力不足に悩んだ。どのように点を取れるかが勝利へのカギとなるだろう。青木(法3)、大西(商2)の1,2番コンビが出塁し、長打力を持つ藤田(商4)、不動の4番川端(法3)、オープン戦好調の木村(政策3)のクリーンアップでランナーを返すのが得点パターンだ。下位にもチャンスに強い篠川主将(スポ4)や巧みなバットコントロールを持つ末永(商3)らが並ぶ。対関学1回戦では2桁安打を放ったが、2回戦では5安打1得点に抑え込まれた。それでも「今まではリーグ戦が始まると打線の調子が落ちていたが、今回はオープン戦と同じようにリーグ戦に挑めた」(篠川)と言うように、例年より鋭い当たりが多い。「チャンスでたたみかけれる打線にしないと」(小玉監督)。関学戦では1イニング1点が最大得点だったが、今後の試合ではビッグイニングを作り投手陣を楽にしたいところだ。



4番・捕手を務める川端



パンチ力が魅力の木村。開幕戦ではフェンス直撃打を放った



主将としてチームを引っ張る篠川


3節までを終了したリーグ戦は今季も混戦模様。開幕節を落としてしまった同志社だが、挽回のチャンスはまだまだ残っている。今週末から3節続いてのリーグ戦が控える同志社。タイトな日程だが、まずは20日からの近大戦を制して勢いに乗りたい。(中園祐介)

【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について